紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2018冬アニメ】ポプテピピックの衝撃

TVアニメ「ポプテピピック」1話をリアルタイムで見た小路あかりです。見終わってから頭から離れられなくなったので、気分を紛らわそうと記事を書きました(全然紛らわせていない)。

※原作未読勢です。

放送直後に上げた感想

1話総括前半に貼っているのと同じ文章です。

 

ショートアニメさながらの異常なハイテンポ

本作は放送直前までどうせショートアニメだろと思っていたが、いざ公式サイトや番組表を確認すると30分だった。一発ギャグ系の4コマで30分持たせるのは無理があるだろ・・・(キルミーの前例あり)とは思いつつ今日を迎えた。

始まってみるとまずはダミーのOPとアバンを流してくる展開。そして本編は「てーきゅう」さながらの超ハイテンポ展開の連続。ここでは特段驚きはなかったが、一方で30分持つのかという不安が出てきた。「君の名は。」「トトロ」等パロディでも攻勢を仕掛けた。あとはおそ松さん1期1話みたいに、パロディが度を超えたが故の円盤お蔵入りにならなければ良いのだが。

 

Bパートはまさかの「再放送」

Aパートが終わり、Bパートはまともな展開やるんやろなあと思ったら何と再放送。キャストを入れ替え一部セリフ変更と字幕を挿入しただけでAパートと同じことをやり出した。このやり方には流石に驚いた。

ちなみに本日のポプ子とピピ美の声優はAパート江原正士大塚芳忠、Bパートは三ツ矢雄二日高のり子であった。2話以降は本来のキャストである小松未可子上坂すみれが起用されるのだろうか?

 

2話以降はどうなる?

前述のおそ松さんは2話以降普通の展開にはなったものの、本作は自称「クソアニメ」だから、何をしてきてもおかしくはない。2話以降は普通にやるのか、それともエンドレスエイトみたく1話から少しだけ内容を変えるだけにするのか、はたまた1話と全く同じ展開でキャストだけ入れ替える手法をやるのか。楽しみである。