紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【サッカー】クラブW杯出場国出揃う

今朝、南米クラブの頂点を決める大会「コパ・リベルタドーレス」でブラジルのグレミオが優勝しました。これで来月UAEで開催されるクラブワールドカップに出場する7クラブが出揃いました。

今日はクラブW杯の出場7クラブを紹介していきたいと思います。

 

アル・ジャジーラ (開催国枠、アジア)

国籍:UAE 初出場 クラブカラー:白と黒

今年から2年間、クラブW杯の開催国がUAEに変わったため、今年と来年の開催国枠はUAEリーグ優勝クラブから出場することになる。今年は同リーグの16-17シーズンを制したアル・ジャジーラが出場する。

今シーズンのACLにも参戦しているが、未勝利でグループリーグ敗退に終わっている。

初戦(プレーオフ)から登場。オセアニア王者オークランドシティと対戦する。

元ローマ、ユヴェントスモンテネグロ代表ヴチニッチや、元レアルの10番ラサナ・ディアラが所属している。

 

AFCチャンピオンズリーグ優勝 浦和レッズ (アジア)

国籍:日本 10年ぶり2回目 最高成績:3位(2007) クラブカラー:赤

10年ぶりにアジアを制した浦和レッズ。リーグでの不振やミシャ解任など国内では振るわなかったものの、アジアの舞台ではラファの活躍や埼スタでの脅威の逆転力で2度目のアジア王者を掴み取った。10年前は準決勝でカカ擁するミランと対戦した。

準々決勝より登場。アルジャジーラオークランドシティの勝者と対戦し、これを突破すると準決勝でレアルと激突する。前年鹿島が果たせなかったレアル撃破はなるだろうか。

槙野、西川、柏木ら代表経験のある選手が揃う(なおキャップ数)。浦和は本大会に出場するため、来月日本で開催されるE-1選手権(旧東アジアカップ)から浦和所属選手は選出されていない。

 

UEFAチャンピオンズリーグ優勝 レアル・マドリード (ヨーロッパ)

国籍:スペイン 2年連続4回目 最高成績:優勝(2014、2016) クラブカラー:白

銀河系軍団ことレアル・マドリード。16-17シーズンのCLを制し、チャンピオンズリーグ改称後*1初の連覇を達成した。今回レアルは初のクラブW杯連覇を目指す。

準決勝から登場。浦和と同じ山であるため準決勝で対戦の可能性がある。

当然優勝候補筆頭ではあるものの、今シーズンに入ってリーガでの成績不振に加え、クリスティアーノ・ロナウドの不振やベイルの怪我など不安要素は多い。「もしかしたら」はあるかもしれない。

 

コパ・リベルタドーレス優勝 グレミオ (南米)

国籍:ブラジル 初出場 クラブカラー:水色と黒と白

今朝のリベルタドーレスで優勝したブラジルの名門グレミオ。クラブW杯改称後は初めての出場となる。

準決勝から登場。浦和とは別の山で、後述のパチューカとヴィダードの勝者と対戦する。

元新潟のコルテースや元ドルトムントバリオスが所属している。バリオスはクロップ政権時の3年間で39得点を叩き出したストライカーで香川の元同僚。

ユニフォームは水色と黒の縦縞。2000年まで川崎フロンターレと提携を結んでいたことでも知られる(川崎のクラブカラーはグレミオに由来)。

 

CONCACAFチャンピオンズリーグ優勝 パチューカ (北中米カリブ海

国籍:メキシコ 7年ぶり4回目 最高成績:4位(2008) クラブカラー:白と紺

北中米カリブ海からはパチューカが出場。2010年大会以来の出場となる。

準々決勝からの登場。後述のヴィダードと対戦し、勝者はグレミオと対戦。

今シーズンより日本代表の本田圭佑が所属していることで、日本での知名度が急上昇。しかし国内では不振を極めている模様。

2008年の3位決定戦でガンバ大阪と対戦している。

 

CAFチャンピオンズリーグ優勝 ヴィダード・カサブランカ (アフリカ)

国籍:モロッコ 初出場 クラブカラー:赤

アフリカからはヴィダード・カサブランカが出場。2度目のアフリカ王者に輝いたがクラブW杯には初出場。モロッコ国内リーグ最多優勝(18回)の名門。

準々決勝から登場。前述のパチューカと対戦する。

2013年に準優勝したラジャ・カサブランカとはライバル関係にある。

 

OFCチャンピオンズリーグ優勝 オークランドシティ (オセアニア

国籍:ニュージーランド 7年連続9回目 最高成績:3位(2014) クラブカラー:紺

クラブワールドカップ最多出場のオークランドシティ。国内リーグよりチャンピオンズリーグの優勝回数が多いクラブ(今年の浦和も同様)。

初戦(プレーオフ)で開催国王者・アルジャジーラと対戦する。

最高成績は2011年の3位だが、以降は初戦敗退が続いている。昨年も鹿島相手に先制点を奪ったが逆転負けを喫している。今年こそは初戦突破なるか。

在籍6年目となった日本人の岩田卓也は今年も招集メンバー入り。

 

開幕戦は12月6日(水)深夜1時半キックオフ(BS日テレ)。

浦和レッズの初戦は12月9日(土)深夜1時キックオフ(BS日テレ)。

浦和戦全部地上波でやって(懇願)

www.ntv.co.jp

*1:92-93シーズンより。それ以前はチャンピオンズカップと呼ばれていた