紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2017夏アニメ】クール総括

2017年の夏アニメの総括です。

毎度のことではありますがうpが遅れました、すみません。

 

総括

「大作」不在も良作に恵まれる

世間は「Fate/Apocrypha」で盛り上がりを見せている今期だが、当の僕がこれがFateシリーズ初視聴ということもあり流れについていけず、また他も頭一つ抜けたアニメが出てこなかったこともあり空腹感の残るクールとなった。

とはいえ決して不作ではなく、むしろ良作が平均以上に多いクールであった印象。推しアニメは8本も選定した(なお、選定数に制限は設けていない)。推し以外にも「よう実」等が印象に残った。

 

業界の動向

当初は軽く書く予定でしたが、けもフレの一件や続編の情報が入ってきたので少しボリュームありです。

けもフレたつき監督降板

夏アニメ最終回ラッシュの最中に起こった、けものフレンズたつき監督降板騒動。制作会社であるヤオヨロズと、KADOKAWAの間で版権使用を巡って認識の相違が発生した模様。果たして2期の制作・スタッフはどうなるのか?

www.inside-games.jp

なお先日よりヤオヨロズKADOKAWAの間で協議が始まっている、今は続報を待とう。

 

ワンパンマン」2期続報

2015年秋放送「ワンパンマン」の2期制作は既に発表されていたが、先日続報が入った。制作会社がマッドハウスからJ.C.STAFFに変更。それに伴いスタッフも変更された。なお放送クールに関する情報はまだ入っていない。詳細は下のリンク参照。

http://onepunchman-anime.net/

 

ポプテピピック」など複数作品が放送延期

2017年秋に放送予定だった「ポプテピピック」が8月に放送延期することを発表した。延期後の放送クールは2018年冬になる予定。秋アニメ期待の一作だっただけに延期は悔やまれる。

なおPC版公式サイトに入るとカーソルがポプ子になる。今時カーソル変わる変わる機能を使うのは珍しい?

hoshiiro.jp

 また先日、同じく2017年秋放送予定でTBSアニメである「されど罪人は竜と踊る」の延期も発表された。こちらは2クールの放送延期。この枠には「中二病でも恋がしたい!」の1期がTBS(関東のみ?)で、2期がBSTBSにて再放送されることが決まっている。2クールの延期はなかなか珍しい。

www.tbs.co.jp

 

各作品の感想

放送終了が早い順に並べています。あと今期は話がイマイチ頭に入ってこなかったが故にノーコメントな作品がちらほらあります、ご了承ください。なお今まで通り再放送は扱いません。

採点基準はこちらから(先日、一部項目を修正しました)↓

ge4457f-trm.hateblo.jp

 

終物語(8/12~13集中放送)

物語シリーズも、これにて完結。扇はどうも好きになれなかったなー。

 

キャラ・・・★★☆☆☆ 

内容・・・・★★☆☆☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★☆☆

11/20点

 

Fate/Apocrypha(第1クール、12話まで扱う)

※12.5話は総集編。

 

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★☆☆☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★☆☆

12/20点

 

はじめてのギャル

※全10話。

 

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

13/20点

 

アホガール

ギャグアニメとしての宿命か9話以降は若干笑えない所もあったけれど、最終話は全編幼少期回想という巨大爆弾で終わる素晴らしい締めくくり。

後半に出てきたギャル3人衆はいいスパイスになった。あとよしこはアホだけど時に有能になるのも◎。

 

キャラ・・・★★★★★

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

15/20点

 

サクラクエスト(2クール目、完結。基本的に14話以降の内容を扱う) 

2クールに渡って地域創生という難しいテーマを描いた本作。

後半クールに入った14話以降は主要キャラの掘り下げが終わりいよいよ町おこしも本番を迎えた。最初は相変わらず雑さを残していたが、18~19話で成果を残したのを機に一気に面白さが加速。失われた祭具を集めつつ町おこしも進めていく、トントン調子で進んでいったのが良かった。Youtube等ネットを活用した地域コミュニティの形成も現代的で◎。

気になる所としては間野山の規模について。モブキャラが滅多に描かれない本作だったが故に間野山がどのくらいの人口、経済規模をもっているか不透明なまま終わってしまった。北海道に例えるとどの市町村が一番近かったんだろう・・・?

 

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★☆☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★★☆

13/20点

 

前半クール(1~13話)はこちらから↓

ge4457f-trm.hateblo.jp

 

異世界食堂

グルメアニメだから仕方ないかもしれかかったのだが、各話の起伏が少なすぎたのが気になった(日常系もあまり人の事言えていないが)。ただ最終回に変なシリアスを入れたり盛り上がりを入れなかったのは◎。

とはいえ料理の作画は素晴らしいものを感じた。個人的にはエビフライの回が好き。これを土曜深夜でやるのはいい意味でキツい。

 

キャラ・・・★☆☆☆☆ 

内容・・・・★★☆☆☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★☆☆

10/20点

 

賭ケグルイ

中々痺れるアニメだった。眼球えぐったりなどのグロ要素があったり気になる点はあったが「狂気」に満ち溢れたアニメなのでまあ許す。あとアイドル回でアイドルなのにBBA顔になるのはいかんでしょ。

最終回は原作者脚本アニオリ。主人公も賭けに本格参戦、短期決戦だったが良い出来だった。

主題歌は今季屈指の出来。

 

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★★☆

15/20点

 

天使の3P!

ロリとバンドが織りなすアニメ。ただ個人的にはえっちなアングルやNYシーン等を除きあまり楽しめなかったと感じている。

ストーリーに関してはかなりのハイテンポ。他アニメならもっと多くの話数をかけて問題解決する部分を1~2話で終わらせたりと強引さが目立った。それが特に際立ったのが6話、希美が親と共にイギリスに替えるか否かの部分だったが(割と深刻な問題にも関わらず)これをわずか1話で終わらせてしまったのは良くなかった。

バンドアニメということで多彩な挿入歌が使われたが、イマイチ心に残るような曲は無かったと感じている。

 

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★☆☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

11/10点

 

プリンセス・プリンシパル

今期の話題をかっさらった「プリプリ」。

どの話も1話完結という見やすい構成でなお完成度が高かった。個人的には6話のドロシー父回が印象的。作画・演出関係では5話のちせ回がベスト、アクションも良かったけど金属音の弾き具合がやばい。

各キャラの個性の強さも際立った。嘘つきに定評のあるアンジェ、色気要員のドロシー、機械の声帯をもつベアトリス、刀の技能に長けるちせ、そして「女王」プリンセス。彼女たちの役回りには言葉で言い表せないレベルの素晴らしさを感じる。

気になる点としては時系列シャッフルがあまり活きていなかったのとCase数が明らかに2クールを匂わせる演出だったにもかかわらず1クールだったこと。正直1クールじゃ物足りなかった。「2期ありき」で作ったからなのか。一応ラジオが2期制作を匂わせる発言をした模様。ただ公式でこういう事をはっきり言うべきなのかは疑問がある。

制作がアクタスということで放送延期も懸念していたが、無事に完走。主題歌はいずれも高い完成度。EDは文句なしの今期覇権。

 

キャラ・・・★★★★★

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★★☆

16/20点

 

ナイツ&マジック

今期最大のダークホース。最後まで満足させられる内容だった。

エルくんのロボット愛と曲げない信念が本作の面白さを最大限まで引き出した。終盤にはエルのライバル・オラシオが登場しさらに熱いものに。俺TUEEEではあったものの、決して面白さに水を差すものではなかったと感じている。

戦闘シーンは中盤を除き高品質。2話のスピード感があまりに凄すぎたので3話以降ちょっと肩透かしを食らったが、7話の模擬試合を機に持ち直した。終盤の戦争は非常に燃えた。序盤地上戦→終盤空中戦という流れも◎。

唯一気になった点としては、前世での経験が異世界でちゃんと生かされているかの描写は少なかった所。一応9話で足りない技術を補おうと他国に赴いたのは良かったが、前世で培ったロボット製作のノウハウがあまりにそのまま行き過ぎていたのは都合が良すぎたと感じている。ここの描写もちゃんとしていれば5点満点だった。

fhanaが歌うOPは終盤にSEとレイズナー方式*1が乗っかる演出が加わった。レイズナーに関しては文句ないけど、SEは安っぽいし11話まで音がでかすぎた。とはいえ曲自体は今期屈指の中毒性を誇った。

 

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★☆☆

15/20点

 

NEW GAME!!

独立記事を上げていますのでこちらからどうぞ。

ge4457f-trm.hateblo.jp

 

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★★

音楽声優・・★★★☆☆

16/20点

 

ゲーマーズ!

ゲームを扱ったラブコメということで期待値も高かったのだが、個人的に見たかったのとはちょっと違かったかなと感じた。序盤のゲーム要素がもう少し濃ければもっと高く評価できたのだが。とはいえラブコメ面ではハイテンポで本作の強みである勘違いの部分も強く推されていたしそこは悪くなかった。

本編は11話で終了、最終話はいわゆるオマケ回の方式を採った(前にもこんな方式やったアニメあったけどタイトルが思い出せない・・・)。個人的には本編よりもオマケ回の方が好き。というよりも個人的に見たかった内容だったので大満足。

こちらもEDを前後半で別の曲を採用した(最終回のみ前半EDを採用)。前半EDは凄く好きだったけど後半は微妙だったかな・・・。

 

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★☆☆☆

11/20点

 

ようこそ実力至上主義の教室へ

予想以上に面白いアニメになった。クラスメイト暴行の件はやや分かりにくかったが特別試験に入ってからはサバイバルという構成もあり分かりやすくかつ面白かった。堀北はじめ各キャラの役回りも◎。

ただ全体を通じて消化不良だったのは気になった。2クールやってもいいくらい良質な設定やキャラが揃っていただけに残念。まあ業界の都合だし仕方がないか。弟が原作持っているので読んでみようかと思います。

 

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★☆☆

14/20点

 

メイドインアビス

冒険感が半端なかった本作。アビスの中での出会い、雄大な風景、リコとレグの友情、どれも素晴らしいの一言に尽きる。ナナチかわいい、もふもふしたい。グロシーンいつ来るんだろうと不安になりつつ毎週見ていたがいざグロシーンが来たらかなりハードだった。

先日より原作を読んでいます(アニメの続きである4巻から)。プルシュカ、アニメでも見たかったですね。

 

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★★☆

16/20点

 

アクションヒロイン チアフルーツ

丁寧に作られていた本作。ヒーローショーが個人的に縁遠い分野ではあったものの、裏方の仕事や練習風景は分かりやすくかつ色濃く描かれていて面白かった。パロディは分からないモノばかり(流石にけもフレはすぐ分かったけど)だったが、それを抜きにしても素晴らしい出来。

唯一気になる点としては各キャラに出ていた個性がヒーローショーの場面であまり活きていなかったくらいか。

OPは今季の覇権。中盤から終わりにナレーションが入る演出が追加したが特に気にならなかった。

 

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★★☆

14/20点

 

主題歌表彰

今回もtwitter上で発表しています。

オープニングテーマ(OP)

大激戦のOP勢。今期はチアフルーツ賭ケグルイが一歩抜け出していたが、銅賞選びは非常に迷った。最終的に中毒性のあったナイツマを選んだが、他曲も他クールなら余裕でトップ3に入っていたほど。ただ作品別感想でも述べてるようにナイツマの終盤の謎SEは頂けなかった。

アホガールの毎話違うOP映像もなかなかいい演出でした。11話のよしこ地獄は笑いを通り越して恐怖でしたね。

 

エンディングテーマ(ED)

EDは3話辺りでほぼプリプリが金賞で確定。強すぎた。アビスも強かった、特に終盤のグロ展開の連続にこの癒される曲調が救いになった。ナナチが本編で出てからはナナチと3人で歌いグレードアップ。良い演出。

銅賞はOP同様に迷ったが、映像の完成度でニューゲームを選出。社畜ソング。青葉ちゃんに月月火水木金金歌ってほしいな・・・w

 

秋アニメについて

秋アニメは続編をメインに強い作品が勢ぞろい。こちらの記事にて1話の感想を上げています。

ge4457f-trm.hateblo.jp

*1:OPのサビ前にその話のあらすじを入れる演出。近年では2016年春放送「三者三葉」が採用している。