紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2017夏アニメ】前半戦総括

いつもの前半戦総括です。特に括弧書きされてない作品は6話までを扱います。

1話総括はこちら↓

ge4457f-trm.hateblo.jp

全体を通じて

リアタイ視聴9クール目(3年目突入)。視聴作品は新作16本、再放送5本の計21本。夏は忙しいから本数減らすとか言ってましたが、結局いつも通りの本数に落ち着いてます。

新作の原作媒体別にまとめるとオリジナル3本、ラノベ6本、マンガ6本、ゲーム1本。今期も何だかんだでラノベが多い。ただ今期は異世界×ロボットだったり異世界×グルメだったり一捻りを加えたラノベが多い印象。

今期暫定トップは賭ケグルイ。狂気に満ちた夢子(CVはやみん)がとにかく堪らない。

今期唯一のサクラクエストはここに来てギアチェンジ。面白さが加速してきた。詳細は作品別感想にて。

 

主題歌のお話

今期も良質な主題歌が勢ぞろい。

OPでは賭ケグルイ、ナイツマ、プリプリ、アホガール、よう実、チアフルーツFateが強い。今のところチアフルーツと賭けグルイが優勢だけど他も捨てがたいし、金賞を選ぶとしてもかなり悩みそうである。

EDではプリプリ1強。賭ケグルイやアビス、ニューゲームもインパクトあるがやっぱりプリプリ。ここ最近は飛びぬけて神なEDが毎クール1本出てきてるんだよなあ。

 

作品別・ここまでの感想

再放送および放送前の終物語(2期)は扱いません。曜日順に並べています。

賭ケグルイ ※5話まで。先週は1話オーディオコメンタリー放送

今期暫定トップ。ギャンブルの魅力が十分伝わっている。

駆け引き、顔芸、色気、百合、どれをもっても"強さ"を全面に出しており、本作の強さを分かりやすく、かつ濃く表現できている。でもちょっと気持ち悪さも出ている。いや、その気持ち悪さでさえ本作の魅力の一つなのだろうか。

唯一気になる点としては、主人公の出番が無さすぎる、あるいは夢子の傍観者でしかない所。ギャンブル知識が無いから仕方がないとはいえ、5話に入ってもいまいち活躍の舞台が無い。今のところ夢子が無双してて十分に楽しめているが、最後までこれをやられると流石にきつい。彼の活躍が本作をさらに面白くするはずなので、後半はもっと出番を増やしてほしい。

  

青山くん

良い意味での坂本の再来かと思われたが、5話辺りから寒~いギャグがちょくちょくあって若干きつめ。ただ青山の潔癖ネタゴリ押しはまだマンネリの段階には至ってないし、4話辺りからは脇役にもスポットライトを当てているのでそこは評価点。

サッカー要素も結構薄いし全くやらない回まで出てきた。サッカーの絡んだギャグを期待してたのでそこは残念だった感じ。

 

ナイツ&マジック

異世界×ロボットという斬新な設定だが、内容は他の異世界転生ラノベに漏れず俺TUEEEの連続。王道的な展開で普通に面白い。

魔獣、模擬戦との戦闘シーンは迫力あり。スピード感では2話でピークが過ぎたものの、ロボット特有の重厚感と戦闘テンポの良さが良く嚙み合っている。やはりロボット同士の陸上戦は燃えるものがある(ギアス1期もそうだった)。

ただナレーションは必要か?たまに長いナレーションをただ聞かされることがあるのでそれがとても鼻に付く。可能な限りキャラに解説させてナレーションは最低限に抑えるかあるいは無しにしてほしい。「丁寧」なんだけど、「丁寧すぎる」のである。

 

プリンセス・プリンシパル ※5話まで

非常に面白い。スパイたちが織り成す嘘の連鎖、圧巻のアクションシーン、そしてかわいいスパイたち、どれを持っても強さを感じる。時系列(後述のtweet参照)の散りばめているが後半これがどう生きるか?

EDは既に今期ED"覇権"を確定させる素晴らしい出来。シリアスでハードな本編をコミカルなEDで洗い流してくれる。良い。

また本作の制作に放送スケジュールに難を抱えていることで有名なアクタスが関与している。今のところ放送延期は発生していないが、油断はできない。ガルパン、レガリアのような事態に至らないことを祈るばかりだが・・・。

 

内容とは無関係だが、先日本作のソシャゲが配信された。放送開始と同時にゲームを発表し放送中に配信開始するという、売る気満々のメディア展開を見せている。あとはこれをどう終了後まで生かしていくのかが問題だが、果たしてどうなるか。

 

アホガール

恐らく今年ナンバーワンのギャグアニメ。15分という尺の短さを逆に生かしたギャグのマシンガン。おかげで退屈になるシーンがほぼ皆無という奇跡を生んでいる。

1~2話中心に出ていたパンチラとか「安っぽい色気やな~」というのが普通だが、本作においては色気がほとんど感じさせずほぼ全てギャグに還元されている。自分でも思うけどこれどういうことなんだ・・・。流石に6話の風紀委員長の乳まではそういう訳にはいかなくなったがw

毎話変わるOPも本作の見どころ。あの無機質な空間の中で本作の良さを出しているのはすごい。6話では何とタイトルロゴが「夏休み」ということで出て来ず。一応EDもあるけど、ただBGM程度の音量なのでどういう曲、歌詞かよく分からない・・・。

 

NEW GAME!! ※5話まで

文句なしの出来。青葉はじめ各キャラの成長ぶりが良く描けている。「コウりん」のみならず百合要素も推されていて良い。

6話では青葉とねねっちの元クラスメートのほたるんが登場。ちなみに再会シーンや温泉はアニオリ(原作は初詣にて再会)。

 

サクラクエスト(第2クール) ※18話まで

これまで失敗の連続だった町おこしに転機が訪れた。17話より始まった神器探し、最初はきな臭い展開だな・・・とは感じたけど、それとは別にバス廃止の問題を解決して「お、一歩成長したな」と感じられた。2つ目以降もこんな感じに行きそうなのでますます期待値が上がった。

現代的な町おこしアニメらしく、インターネットやソーシャルメディアを駆使した施策が多く出ている。

 

 ゲーマーズ! ※5話まで

今のところ期待通りにいっているのかと言うとそうではない感じ。ただ特別酷い脚本でもないから現地点では評価しにくい。

ゲーム要素はオマケ程度にしかないのが少々気になる所。まあゲーム要素ばかり推されてもゲーマー以外喜ばないかもしれないけど。

 

ようこそ実力至上主義の教室へ ※5話まで

毎回本当に引き込まれるこのアニメ。

一部で「俺ガイル」と似ているとの意見はある。実際そういう描写はいくつかあるが相違点も多いではないだろうか。俺ガイルは割と普通の高校でやっていたけど本作は隔離生活や競争を駆り立たせるポイント制度の存在など"強いられている"環境下で動いている。似ているのは事実かもしれないが、安易にパクリというのも良くない。

ヒロイン達の尖り具合も良い。常時ツンツンな涼音、一見かわいいながらもヤバい裏を持つ桔梗など、彼女たちの活躍も本作の面白さに大きく貢献している。

5話の壁ドンはシリアスなシーンなのに不覚にもワロタw

 

メイドインアビス

今期覇権候補に恥じぬ出来。壮大な世界観、美しい風景の連続。毎回毎回本当にこの世界に引き込まれる。設定の緻密さも◎。それが故に「もう終わっちゃったか・・・」という落胆も大きい。

放送前より話題を集めているナナチの出番はいつ来るのだろうか。

 

アクションヒロイン チアフルーツ ※5話まで

右肩上がりに良くなっていく本作。キャラ構築の完成度は今季屈指。僕は杏の元気っぷりに惹かれますね。音痴設定も良いスパイスw

「ろこどる」は見てないのでこちらとの比較はできないが、「ラブライブ」っぽい雰囲気があると感じる。パロディネタは分からないのも多いけど、それを無視してもなお面白い。

個人的にはOPも好き。ディオメディア製アニメの主題歌の名曲率は異常。

世界陸上の影響で6話は1週間延期。

 

他の視聴作品

はじめてのギャル(5話視聴済)・・・今期最もえっちなアニメ。といっても、単にえっちなアングルで攻めてきたりえっちぃしぐさばかりで攻めるだけではなくちゃんとラブコメしているのは良い。

天使の3P!(5話放送済)・・・かわいいんだけどきつい(主にロリ方面で)。犯罪スレスレな描写ばかりで見た後妙な罪悪感に襲われる。とはいえ萌えとシリアスの融合具合は一見の価値あり。4話の演奏シーンは良かったけど、展開が少々急ぎ気味じゃないかな・・・。

Fate/Apocrypha(7話放送済)・・・ろくに実況してませんが見てます。切らないけどちょっとキツい。再放送の方はいまだに見てません。

異世界食堂・・・良き飯テロアニメ。異世界の方々食レポお疲れ様です。ただ展開にマンネリを感じてきたのでややきつい。

 

【8/17追記】一部誤字、不適切な表現を修正しました。