紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【浦和レッズ】堀体制初陣はドロー発進【さいたまダービー】

f:id:ge4457f:20170225151032p:plainJ1 第20節

f:id:ge4457f:20170118012836p:plain浦和 2-2 大宮f:id:ge4457f:20170119224228p:plain @埼玉スタジアム2002 観客動員数45,411人

得点:【浦和】興梠(PK)、柏木 【大宮】マテウス、瀬川

 

前節の結果を受けて解任されたミシャに代わって堀コーチが新監督に昇格。その初陣はさいたまダービーという、いきなりの大一番と迎える形となった。

結果は2-2のドロー決着。内容だけなら浦和は勝っていた、つまり勝てる試合を落とした。試合後順位は8位で変わらず、ただし1試合消化が多いため、依然優勝およびACL圏内へは厳しい状況となっている。

 

ミシャ解任後も守備陣のもろさは変わらなかった。特に1失点目は明らかな連携ミスで、NHKがリプレイを流している最中でボールロストしての失点だった。NHKがリプレイ流してる最中の失点といえば昨年のアウェイ広島戦を思い出す。こういう失点はつまり「ありえない失点」ということだ、槙野がいなかったとはいえこれは醜態以外の何物ではない。失点以外は割と集中した守りで良かったんですけどね、勿体ない。

攻撃陣に関して特にいう事は無い。2点目の流れ良かったですね。先制PKに関しては後述。他大宮の選手に関しては新戦力のマルセロ・トスカーノがかなり上手かったですね。大宮も最近有能な外国人を発掘しててすごいですね(まあズラタンも元大宮ですがw)

 

何回も言うのだが、審判のレベルが低すぎる。まずは先制のPK判定、あのハンド判定はかなり微妙で、浦和は審判に助けられたという形になった。そして試合終了のホイッスルのタイミング。AT4分のはずが、主審は3分と勘違いするとんでもないアクシデント。こういう展開、本当にヒヤヒヤさせられる。

 

結局、ミシャ解任させても状況は好転せず。つまりミシャの采配云々の問題ではないという事だ。ということでマウリシオの活躍には期待している。あとオフは守備陣中心に大型補強をお願いします。