紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

日本のフーリガンを語る。

今日はサッカーの「フーリガン」について色々語ろうかと思います。Jリーグメインです。

フーリガンの意味・語源

フーリガンはサッカーのサポーター(ファン)の中でも、特に暴力行為や破壊活動を行う集団を指す。フーリガンはスタジアム内のみならずスタジアム近辺の商店街や道路を占拠し暴動・破壊に至るケースもある。フーリガンに加わるものは労働者階級が多いとされ、アルコール摂取により暴動が治まりにくい。暴動を起こす動機としては試合結果に対する不満よりも、日常のうっ憤を晴らすためとされている。

語源は不明で諸説あり。詳しくはググってください。

 

Jリーグクラブによる暴動・トラブル

Jリーグではスタジアム外でのフーリガン事件はまだ少ないが、スタジアム内での事件はこれまでに多数発生している。

浦和レッズによるトラブル・暴動

浦和サポの私としてはあまり書きたくなかったが、やはり事実として伝えなければならないので主要な暴動を中心に挙げることにする。

2008年にはG大阪との一戦ではG大阪サポーターが浦和サポーターに水風船を投げ挑発、それがきっかけで両サポーターが緩衝帯を破壊し暴力活動を行った。現在も浦和、ガンバ共に史上最悪級のフーリガン事件として語られている。

www.youtube.com

2013年の清水戦には清水サポーターや清水のバスを囲い出られなくした事件も発生している。2014年の「JAPANESE ONLY」事件は暴力こそ絡んでいないが、J最悪の「暴言」事件として有名である(その後の経緯は言わずもがな)。

matome.naver.jp

浦和以外のクラブによるトラブル・暴動

浦和レッズ以外にも各クラブがトラブル、暴動を起こしている。

鹿島アントラーズは2008年の柏戦にて、竿で柏の選手を攻撃する暴力事件が発生した。鹿島は以後大旗の使用が禁止された(現在は許可制という形で解禁)。また浦和戦では「F○○K YOU REDS」横断幕を掲示するなど問題が絶えない。

清水エスパルスでは2013年の「静岡ダービー」にて、J2降格危機にあった磐田を挑発する旨のゲーフラを大量に掲示、一時選手名の書かれた横断幕以外の掲示を禁止している。当の清水も、2年後にブーメランを食らったわけだが。

そして一番最近のケースでは、やはりガンバ大阪ナチス親衛隊旗事件が思い出される。以後2014年の浦和同様、ガンバのゴール裏からゲーフラ、大旗などが姿を消している。

ge4457f-trm.hateblo.jp

 

 

番外:ヘイゼルの悲劇(1985) ※海外

32年前の今日起こった出来事。UEFAチャンピオンズカップ(現:UEFAチャンピオンズリーグ1984-85決勝のリヴァプールvsユヴェントスにて、リヴァプールサポーター(通称KOP)がスタジアム内で暴動を起こした群衆事故。死者39人、負傷者400人以上とされており、試合開始も1時間遅れた(当初は中止にする予定だったとか)。なお試合は0-1でユヴェントスがCL初優勝を飾っている。

フーリガンの恐ろしさを全世界に知らしめた出来事と言われている。リヴァプールサポーターの暴動もありリヴァプールは翌6年間、他イングランドのクラブは5年間UEFA主催大会(CL、UEFAカップカップウィナーズカップ等)の出場資格停止処分を受けた。またイングランド勢は復帰後も好成績は残せず、1999年のマンチェスターUが優勝するまでCLで決勝にすら進めなかった。

自クラブへの行き過ぎた愛は、自クラブのみならず自国のリーグまで破滅に追い込むことがあるという事を肝に銘じてほしい。

matome.naver.jp