紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【ニコニコ動画】プレミアム会員数、初の減少

ニコニコ動画の有料サービス「プレミアム会員」が、サービス開始以来初めて会員数を減らしたと発表しました。

nlab.itmedia.co.jp

 これも時代の流れでしょうね。減少要因は思いつくだけでも4つぐらいはあります。

 

①動画・生放送の読み込み速度が大して速くならない

プレミアム会員権が切れて一時的に一般会員で動画を再生する時と、プレミアム会員利用中の動画再生時の読み込み速度は、動画にもよりますが大して速くならないと感じてます。時間の長い動画は結構差は出ますが、元々時間の長い動画をあまり見ない身なのでプレミアム会員であることへのメリットはあまり感じないです。唯一感じるメリットは広告・アンケートを飛ばせる所と画質がちょびっと良くなるくらいか。実際私はそのメリットだけでプレミアム会員を継続していますが。

 

②生放送の画質が悪い

生放送の画質は決して良くないです。プレミアム会員と一般会員でほぼ差はないです。その上、昨年春に配信開始したスマートフォンアプリ及びウェブサイト「AbemaTV」の登場で尚更画質の悪さを感じますね。

ただAbemaTVと違い*1、一般会員でもタイムシフト機能を使える点においてはまだニコ生のほうが有利*2

 

③生放送のアニメ配信体制に難あり

新作アニメを無料で視聴できる数少ないサービスの一つだったニコ生。私含め地方民の"命綱"としての役割を果たしてくれました*3

しかし、②で挙げたAbemaTVも昨年夏クールより、新作アニメの配信を開始しました(その記念すべき最初のクールで「ラブライブ!サンシャイン!!」をTOKYO MXと同時間に配信)。一方ニコ生ではTV最速同時配信はあまりやりません。その後Abema独占配信も増えていきニコ生を頼らなければならないという場面は減りました。

またプレミアム会員は一般会員よりも早く試聴ページに入れるという特典もありますが、これもメリットはあまりないです。

以上の理由もあり、ニコ生であることへのメリットが小さくなってしまいました。

 

④MAD動画の衰退(一部ジャンル除く)

憶測込みですが、ニコニコ動画の主力コンテンツの一つ・MAD動画が以前と比べ話題性が無くなった、あるいは弱まったような気がします。私は2010年辺りからニコニコ動画を使ってますが、当時は御三家はもちろん、レスリングや松岡修造、ドナルドも一大勢力を握っていましたし、淫夢・なんJもその一コンテンツにしか過ぎませんでした。

しかし、最近はドナルドもレスリングも素材が新たに配給されなくなったorコンテンツとしての成長度が頂点に達したためか衰退しています。ドナルドの場合は餓鬼が食い尽くしたとの説もありますが。松岡修造も本人の番組・CM出演で今も素材は提供されていますが以前ほどの勢力は失いつつあります。今や淫夢やなんJ、あるいはそれらと親和性の高いクッキー☆やハセカラしか生き残らなくなりました。このようにMADを見る層が離れていった結果、プレミアム会員が減少したのではないかと憶測します。

そもそもMAD自体、法的には"アウト"なので、衰退はある意味必然だっかかもしれないですね。

 

他にも色々あると思いますがとりあえずこんな感じです。MADに関しては的外れかもしれませんが、ニコ生絡みでは確実に他サービスよりも後れを取っていると思います。

また、「2016年9月~12月比での減少」であるため今後さらなる減少が予想されます(昨年秋クールより、注目作でもニコ生放送しないケースが増えてきている)。

*1:AbemaTVの場合、タイムシフト機能の利用には有料会員に入る必要がある

*2:ただし放送前のみ利用可能等の制限あり

*3:「リゼロ」は北海道のTVで視聴手段がなかったのでニコ生に頼るしかなかった