紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【Jリーグ】akari的・J1順位予想

J1開幕までまだ少し時間はありますが、大体のチームの戦力が整ったみたいなので順位予想をしてみたいと思います。

 

1位 浦和

2位 G大阪

3位 神戸

4位 FC東京

5位 川崎

6位 大宮

7位 鹿島

8位 横浜FM

9位 柏

10位 広島

11位 C大阪

12位 磐田

13位 鳥栖

14位 清水

15位 札幌

16位 仙台

17位 新潟

18位 甲府

 

優勝はもちろん浦和レッズ本来なら王者として今季に望むはずだったが、年間1位らしく安定した戦いができると期待。相変わらずチマチマした補強で終わったが、現行戦力はほぼ残留、選手層もさらに厚くなりACLとの両立も十分可能な戦力が揃っているので優勝を狙える。ただの守備面の補強をイマイチ行わなかったのはやはり不安。マジでフロント、頭大丈夫か?

2位はガンバ大阪。昨シーズンも優勝できたはず、なのだが序盤ホームで勝てない病を発し4位フィニッシュ。しかしアデミウソン、ファビオ(マリノスから獲得)、パトリック(ケガ療養中)など外国人選手の戦力だけならJトップクラス。井手口や堂安など若き戦力も育ちつつある、ガンバがズバリ2位予想。しかし浦和が"やらかせば"優勝も見えてくるであろう。

3位はヴィッセル神戸。昨季2ndステージの快進撃の原動力となったペドロジュニオールが鹿島に引き抜かれるも、元柏のエースストライカー田中順也の獲得など明るいニュースも。その他主力の大半は残っているので3位予想とした。

4位以降はほぼ適当。"世界2位"こと鹿島は7位を予想。ペドロジュニオールは確かに脅威だが、昨季の試合見ると今季も同じく上手くいくかというと微妙。そして今季は1ステージ制なので、鹿島に年間通じて戦う力があるかといういうところもまた微妙。

札幌は願望を込めてではありますが、15位を予想。兵藤、金園らJ1経験豊富な選手を獲得、さらに夏にはタイ代表・チャナティップのレンタル移籍が決定している。残留できてもおかしくないであろう。

 

カップ戦優勝予想もしちゃいます。

ルヴァン杯は浦和を予想。天皇杯は現段階では予想不可能(夏の移籍市場にも委ねられるので)。

ルヴァン杯は決勝だけ一発勝負なので、決勝進出は堅い。ただ、昨季ギリギリで優勝してるので、ガンバや鹿島辺りにかっさらわれる可能性も十分ある。

天皇杯は前述の通り、まだ予想できません。浦和が優勝してほしいですが、「一発勝負」の天皇杯、現実浦和に勝機があると微妙。

 

とりあえず、現段階ではこんな感じ。浦和は3冠へ、札幌は残留へそれぞれ頑張ってほしいものです。