読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

ニンテンドースイッチプレゼン感想【修正有】

任天堂の次世代機「ニンテンドースイッチ」のプレゼンを見た感想です。

 

発売日は3月3日、価格は税込3万円

発売日予定通り2017年の春、3月3日となった。価格はWiiUとほぼ同等。近年のコンシューマー機と比べればまだ安いが依然高い。なおジョイコンによって2タイプの本体が発売される。

買う時期はソフト次第。まずは様子見。

 

本体の詳細仕様も明らかに

バッテリーの持ち時間は下記リンク参照。持ちは良くないが、場合によっては3DSより持つだとか。いずれにせよ1日1回充電は必須か。

以前の映像でも明らかになっていたようにジョイコンは分離式。多彩なプレイスタイルを持っているが、肝心の操作性に不安が残る(一応従来型のコントローラーも用意されてるけど)。

通信プレイ関連の詳細も発表、携帯機で見られたローカル通信の概念も導入されており、据置機と携帯機のハイブリット性が実感させられる。

またスイッチからインターネット対戦が有料化されることも発表された。ただし発売当初から今年秋までは無料でプレイ可能。ボイスチャットも標準搭載される。また現地点で3DS/WiiU向けオンラインサービス「ニンテンドーネットワーク」を冠していないため、別サービスの展開になる可能性もある。

料金詳細は未定。また具体的な有料切り替え時期も未定。参考:PS4は「PSPlus」の名称で有料サービスを提供、3プランが用意されており、うち1か月プランは税込514円かかる。

 

新作ゲームについて

スイッチ初回発表時から話題になっていたスプラトゥーンの新着映像も。タイトルは「スプラトゥーン2」。ブキの追加、新スペシャル、新ステージなど追加要素はもちろん、イカの髪型もカスタマイズできるように。新要素がてんこ盛りだ。

3Dマリオ新作「スーパーマリオオデッセイ」はマリオ64からの正統進化。帽子を投げたり帽子がクッパに踏みつけられたり、帽子が大きなテーマになるのだろうか。

他、ゼノブレイド2、ファイアーエムブレム無双なども発表。ドラクエナンバリング新作「DQ11」は以前発表されていた通りスイッチでもリリース。さらにドラクエヒーローズの1・2がスイッチで移植されることに。

ゼルダ新作は3月3日に決定。WiiU・スイッチの2ハードで発売。特にスイッチ版は本体同時発売。

 

以上となります。不安な要素とかは色々ありますが、期待値がだいぶ高まりましたね。楽しみです。

 

【1/13追記】オンラインプレイに関して、一部不適切な記述がありましたので加筆修正しました