読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

2016年のアニメ界を振り返ってみよう

2016年のアニメ界を私なりに振り返ってみます。主観が入ってたり、ノリで書いたりしてる部分が多いので要注意。

 

TVアニメ編

「このすば」「リゼロ」異世界転生ラノベアニメの快進撃

このすばが下馬評を覆す大躍進。異世界転生ラノベだがシリアス控えめでギャグも面白かった。駄女神アクアは今年一番えっちぃキャラだった(で、結局パンツは穿いてないのか?)。世はめぐみんですがダクネスさんのMぶりにも注目していただきたい。

春~夏放送の「リゼロ」は覇権に相応しいアニメだった。世はレムレム&レムだがやっぱりEMT。フェリスも可愛かった(男の娘に目覚めたとは言ってない)。検索欄で「リ」と打てばリゼロが出る驚異の人気度。pixivの人気タグにおいても、一時リゼロ関連タグが覆いつくした(その後夏にサンシャイン、秋にユーリが駆逐)。

異世界転生ラノベの代名詞SAOも再放送された(まだ4話までしか見てない)。来年には劇場版を控えているが、そこから3期の流れもあるのだろうか。

とりあえず、今年1年は異世界転生の”強さ”を実感させられた。

 

「ぞい」で話題を呼んだ「NEW GAME!」がアニメ化

ニューゲームはいい意味でも悪い意味でも話題になった。ぞいぞいうるさかったですけど、本編では原作通り1回しかぞいを出さず安堵。ていうか5話以降は社畜要素や青葉ちゃん関連で叩かれてたと感じてる。売上的にも2期あり得そう(なおストック不足)。

私akariが書いた語彙力GAME OVER!な感想はこちら↓

ge4457f-trm.hateblo.jp 

 

オリジナルアニメの動向

今年の完全新作オリジナルアニメで躍進を遂げた「はいふり」。内容こそ難ありだが、個性ぞろいのキャラとメディアミックスの成功で一定の成果を残した。さらにはいふりは2017年にもOVAの発売が決まっている。場合によっては続編の可能性も否定できない。

WIT STUDIOのオリジナル作品「甲鉄城のカバネリ」も(良い意味でも悪い意味でも)話題になった。続編の制作も決まっている本作、次こそ「名作級」の出来になってくれることを願いたい。

続きものでは「ラブライブ!サンシャイン!!」がヒットした。個人的には無印よりもあまり印象に残らなかったが、ラブライブ!らしさは健在。続編を匂わせる終わり方だった本作、今後の動向に注目が集まる。

ただ、それ以外のオリアニは世間(≒twitter)ではあまり話題にならなかった印象。91Daysは最終話を除けば良かったんですけどね、総集編とか続編とか見たいくらいです。ガーリッシュナンバーも悪くなかったです。イゼッタも魔女バトルなんかやらなければ名作になれたのに。

 

放送延期続発

今年は昨年以上にアニメの放送延期が続発した。

特に話題となったのが「レガリア」の延期。1か月放送休止し、さらに9月から焼き直し再放送、11月フィニッシュという大失態を犯した。なお売上も(ry

制作会社アクタスは「ガルパン」をはじめ放送スケジュールの管理に難を抱えており、今年はそれが顕著になった。現在放送中「ろんぐらいだぁす!」もまだ最終話を迎えておらず、2月に最終2話をぶっこむガルパン手法を用いる予定である。

ge4457f-trm.hateblo.jp

ge4457f-trm.hateblo.jp

ちなみに私、「万策尽きた」の語は嫌いです。

 

私akariの推しアニメ達

だがしかしこのすば(途中から)、ファントムワールド(序盤まで)。だがしかしで今も印象に残っているのは本編よりも「だがしかし つまらない」サジェスト。面白い!とは言い難いが、つまらないかというとまた違う。しかもこの時期なぜか「ゆゆ式 つまらない」サジェストもずっと出てた。ファントムワールドは京アニの面汚し。このすばは世間の流れで推しただけ、ただ面白かったのもまた事実。2期期待。

三者三葉あんハピJOJO等(よく覚えていない)。三者三葉は超王道ながら面白かった、OPのヌルヌル双葉は動画工房の真骨頂。あんハピは癖のあるアニメだったけど楽しめた。シルバーリンク動画工房の日常系にハズレなし。JOJOは安定、ラ波感とか冒険しないJOJOとか新鮮な要素盛りだくさんだった。

NEW GAME!あまんちゅ!91Daysレガリア(休止前まで)、この美。ニューゲームは「ぞい」だけじゃないことを証明した。ひふみんかわいい、ねねっちキ○○イ、青葉ちゃんは・・・。あまんちゅは日常系というよりは癒し系だった、ARIA未だに見てません。91は推し明言してなかったが推してた、本作でマフィアモノに目覚めたかも。レガリアは序盤だけだった&スケジュール逝った。この美は宇佐美さんは発情するシーンが今も脳裏に焼き付けられてる。

ガリナン卓球娘ろんぐらいだぁすフリフラハイキュー。ガリナンは悪くはなかったが良質ともいえる素材を生かしきれなかった。卓球娘はBGMと百合要素が神。ろんぐらいだぁすはスケジュールと作画が酷いが内容は問題なし。フリフラは序盤ただの雰囲気アニメだったが後半内容でも覚醒し神アニメに昇華。ハイキューは安定、ていうか言うほど推してなかった(面白かったです、4期希望)。

 

売上のお話

売上厨じゃないんであまり語りたくはなかったんですが、今年のTVアニメの円盤はあまりよくなかったですね。世間の覇権アニメのこのすば、リゼロも2万越えならず。あんハピと卓球娘は売れなさすぎ。あとニューゲーム、6000枚超えて爆死認定されているがきららアニメの歴代売上見てから言うべき。

そして私の推しアニメはほぼ爆死。というよりも私「爆死」の語が嫌いです。

とりあえず、もう売上の優劣で作品を評価するのはうんざりです。あと円盤ビジネス自体破綻してる。別の手段で売ろう(そこで具体案出さないakariもまた無能)。

 

twitterのお話

今年よりtwitterでアニメ実況を始めました。実況や感想、評論を通じて多くのフォロワー様と出会うことができました。またフォロワー様の評論や意見、批評を通じ沢山の発見がありました。アニメの力を実感させられましたね。

フォロワー様のアニメ語りに対するレベルの高さに驚かされました。もっと多くの人の感想を聞くなり見るなりして私もアニメ感想・考察の"質"を上げていきたい。

その一方で「危ない、過激な」アニメ論者も沢山みかけました。誰とは言いませんが。とはいえ彼らをブロックすると「臭い物に蓋をする」になりますし、アニメ評論の「闇」と上手く付き合わなければなりませんね。

 

アニメ映画編

君の名は。」歴史的ヒット

君の名は。」見に行きました。気になったところもありましたが、とりあえず素晴らしいの一言です。ちなみに新海作品初めてです。今後過去作とか借りてみたいですね(前にも言ったはずだがまだできていない)。

世間(≒twitter)の反応はあまり良くないみたいですけどね。これも「大ヒット作」の宿命か。

 

「聲の形」「この世界の片隅に」も素晴らしい出来

「聲の形」「この世界の片隅に」も見に行きました。どちらも素晴らしかったです(語彙力)。

聲の形原作読んでます。映画の方は原作改変いっぱいあったけど京アニだから安心。片隅原作は多分読まないかも(映画で満足しちゃった派)。

肝心の興行収入ですが、聲の形はガルパン級の売上を見せてますね。片隅は10億弱、内容と売上が釣り合わないのはアニメ映画でも一緒だった・・・。

 

アニメ映画の今後

円盤が売れない以上、アニメ映画は今後どんどん増えていくと思います。個人的にもこの流れには反対しません。しかし今実写映画化で起こっている大炎上ぶりが、いずれアニメ映画で飛び火しなければよいのですが・・・(映画業界については超にわかなのでよくわからない)。

 

その他

AbemaTVでアニメ無料配信スタート

スマートフォンアプリ「AbemaTV」でアニメの無料配信が始まったのも今年。さらに夏季からは新作アニメの無料配信もスタート。いつもお世話になってます。

Abemaの方が早い作品も多く、関東勢らによるネタバレの不安も少しは和らぎました。また過去作一挙とかも結構見ました。でも録画機能が有料であるのは少しきつい。

 

最後に

深夜アニメは来年以降も見続けていきますし、アニメ映画にも本腰を入れていきます。来年も色々やらかすとは思いますがどうぞよろしくお願いいたします。