読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2016秋アニメ】前半戦総括

2016年の秋アニメの前半戦を総括していきます。順番はバラバラです。

括弧書きされていないものは全て6話までの内容を扱ってます。画像があったりなかったりしてますが、後日全部揃えます。

 

第1クールの作品

刀剣乱舞-花丸-(7話放送済み)

f:id:ge4457f:20161105152342p:image

普段こういう腐向けアニメはあまり見ないのだが、何だかんだで7話まで見てしまった。 登場人物は男だけだが、内容はバリバリの日常系。たまにバトルシーン入るけどそこまでハードじゃない。ただ、キャラクターが多すぎて全く覚えられていない・・・。

作画は動画工房らしく綺麗な仕上がり。上の画像にもあるように、目を白くするところが「あっ動画工房だな」で安心させられる(この演出自体は他の会社もやるのだが)。

 

魔法少女育成計画

f:id:ge4457f:20161105152350p:image

絵柄に似合わず内容は終始ハード。「まどマギ」型魔法少女アニメの系譜をたどっている。特に今流行りのソーシャルゲーム魔法少女ものを混ぜるアイデアが実に面白い。6話では早くも主要キャラのラ・ピュセルが脱落。ますます生き残りが予想しづらくなった。しかしそこが面白い。

後半ではあまり目立たなかったトップスピードとリップルの動きに注目したい。そして6話で本気を出してきたアリスの動向も気になる。

ただバトルシーンの際、残虐性が必要以上に強くなっているのは宜しくない。血をブシャブシャ出しているのが誇張気味になっていて頂けなかった。

 

夏目友人帳 伍

過去作未履修のため、視聴中止・・・。

 

WWW.WORKING!!(7話放送済み)
f:id:ge4457f:20161105143345p:image 

ツッコミどころ満載で安定した面白さを見せている。個人的には聖バレンチヌスが出てくるシーンと、鎌倉さんの金絡みでボケる所が面白い。

ただ寒いギャグがしばしば見受けられたり、チョコネタを引きずりすぎているのは良くなかった。流石に後半は違うネタで攻めて欲しい。

A-1は前期「クオリディア」で作画崩壊をやらかしたが、本作もやや不安定。特別崩れているわけではないが、綺麗ではなかった。

本家「WORKING!!」シリーズは未視聴。後日視聴します。

 

ステラのまほう

f:id:ge4457f:20161105143354p:image

同人ゲーム制作というハードそうな設定だったが、やってることはいつものきららアニメだった。キャラの可愛さだけなら今期覇権クラス。特にたまきちゃんの赤面が最高過ぎる。

ただ、たまきちゃんのおっさん絵ギャップにあまりインパクトを感じなかったり、歌夜の出番が少なかったのは気になった(気のせい?)。また、あやめの弟たちが出しゃばりすぎているのも少々いただけなかった(男キャラを排除するつもりはないが、過度の介入はNG)。

OPはきららアニメおなじみの「きららジャンプ」が炸裂、EDではきららアニメとしては珍しくキャラ絵を一切採用せずクールさ曲風・映像となっている。なかなか斬新。

 

装神少女まとい

f:id:ge4457f:20161105152358p:image

WHITE FOX」初のオリジナル作品。ということで期待値も高かったが、ここまで期待外れな内容が続いたと思う。

「和風魔法少女モノ」を銘打った作品だが、洋風の魔法少女クラルスの存在やそれに関わる設定がイマイチ噛み合っていないと感じた。またバトルシーンにおいても、演出こそは良かったものの、テンポが悪かったのと魔法少女モノ特有のカオスさが不足していたと感じた。今季の魔法少女モノのライバル「まほいく」の存在も大きいかもしれないが、まほいく抜きにしても頂けない内容が続いた。

また、キャラデザや個性の出し方は良いのに対し、内容がそれに伴っていないのも気になった。「ラブライブ!」等、キャラの個性を推したアニメの悪いところがモロに出ていた。

 

競女!!!!!!!!

f:id:ge4457f:20161121132401p:image

尻と胸で戦う下品な設定なのにもかかわらず、それ以外の設定や演出、作画は非常に頑張っている。要するに、おふざけ設定と真面目な設定がかみ合っているといった感じか。

この手のアニメは、「下セカ」や「庶民サンプル」を思い出させてくれる。

 

終末のイゼッタ

f:id:ge4457f:20161105152413p:image

第1話終了時「微妙」と言っていた私だが、3話辺りからうなぎ上りに面白くなった。戦争と魔法少女は噛み合わないだろと2話辺りまで言ってたが、ここまで見事に噛み合っている。

イゼッタの魔法が土地によって使用制限がかかる設定もなかなか面白い。5話ではそれを逆手に取った戦法で敵を蹴散らした。単に設定を利用しゴリ押しするだけでなく情報戦を組み込む所が素晴らしい。

作画は今季上位クラス。2話の飛行シーンは絶品ものだった。そしてイゼッタのおっp(ry

 

響け!ユーフォニアム2

f:id:ge4457f:20161105152418p:image

1話は初回1時間スペシャル。1時間があっという間と感じる圧巻の出来だった。その後関西大会に向けて臨時の顧問も登場、打楽器の橋本先生も木管楽器の新山先生も癖があり良いスパイスとなった。関西大会本番を扱った5話は神がかりな作画と神がかりなサウンドが見事に噛み合った。

一方、瀧先生の妻の存在や2年生部員を巡るシリアスな展開も続いた。6話で瀧先生本人の口から妻について語ったが、瀧先生に好意を寄せる麗奈と今後どう繋がっていくのだろうか

本作特有の百合(?)描写は2期に入りさらに深まった。1期から続く久美子×麗奈、デカリボン×香織に加え、新キャラであるみぞれ×希美の深い関係も見られた。ただ公式では百合と言及していないので、百合であるか否かは各個で判断していただきたい。

OPは1期よりさらにエネルギッシュな曲風になった。6話では一部カラーに編集される演出も見られた。EDも中々の出来。

 

ろんぐらいだぁす!(4話放送済み、2週延期、総集編あり)

f:id:ge4457f:20161105143326p:image

問題児アクタスの最新作。「レガリア」と並行して制作している。

こちらの記事を参照↓

ge4457f-trm.hateblo.jp

 

3月のライオン

f:id:ge4457f:20161105152427p:image

NHKにて全国同時放送、シャフト制作という注目度抜群の本作。内容もまずまずの出来。将棋を扱った作品だが、競技性・戦略性よりも、将棋を通じた人間描写を重点的に描いた。将棋に無縁な私も十分に楽しめた。

ただ、いわゆるシャフト特有のテンポ運びとアングルは気になった。流石にシャフ度乱発はなかったものの、テンプレな感じがして好きではない。また作画も癖がある。さすがに慣れたがこればかりは仕方ないであろう。

主題歌はBUNP OF CHICKENが担当。どちらも本作の雰囲気に合った素晴らしい曲である。

 

灼熱の卓球娘

f:id:ge4457f:20161105152436p:image

放送前はあまり期待していなかったが、予想をはるかに上回る出来を見せた。萌えアニメのかわいらしさと卓球シーンの熱い試合展開の両方が楽しめて最高である。

特に序盤の、天才型キャラ・まげまげと努力派エース・あがりのエース争いが一番熱かった。30分じゃ物足りないほどの熱い展開だった。ただ序盤も含め全体的に、試合内容を重視する余り、突如試合終了(ぶつ切り)する描写が多々見られた。ここだけは頂けなかったかなと思う。

主題歌は3話でED2番を採用したり、5話でOPED入れ替え&OP2番採用と奇抜な手法が見られた。2番をアニメ内で聞かせるのは良いことだが、5話のOPとEDの入れ替え後の相性はあまりよくなかったと思う。

ちなみにまげまげの声優は「あんハピ♪」のはなこ役を演じた花守みゆり。今季はまほいくのねむりん役も演じており、いずれも素晴らしい演技を見せている。今後の成長に期待したい。

 

ALL OUT!!

業界初のラグビーアニメを銘打って送り出された本作。ただ展開は超王道。「ラグビーをやってる」所を除き目新しさはあまり感じられなかった。

今後は大会に向けての練習をやるのだろうか。いずれにせよ、ラグビー以外の面で目新しさを見せてくれないと見続けるのは厳しいであろう。

 

ガーリッシュナンバー

「俺ガイル」原作者・渡航先生らしく、とにかくキャラが本音をぶちかましまくった。キャラの発言だけでなく制作現場のアホっぷり、ブラックぶりも現実性を高めている。

ただ、問題なのはこの路線が今後空回りしないかという所と、本作のゴールはどうなのか、という所。余りに本音を言い過ぎて誇張気味になっているが、まあ渡先生なのでここまで大目に見ている。

 

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

1クールで1試合丸々使う展開、最初は薄っぺらくならないかと感じたが全くそうは感じられなかった。ただ6話で既に第4セット、ここからどう見せてくるか。

4話以降の、月島の覚醒&ガッツポーズの所が実にグッと来た。

作画、音響関係も1期から安定しており、なおかつ今期トップクラス。

 

フリップフラッパーズ

f:id:ge4457f:20161121132414p:image

6話見終えてまず一言、「不思議」。

毎話違った面白さを見せている本作。ピュアイリュージョンが見せてくれるものに毎週ワクワクさせられる。

作画・演出・音響の面では今期トップクラス。3話より登場した変身シーンは絶品もの。またBGMや効果音も独特で非常に引き込まれる。そして、やはりEDが神がかっている。もちろんOPも良い出来。

また、本作は百合要素がとにかく深い。当初はココナ×パピカの流れで進むかと思われたが、5話辺りからココナ×ヤヤカカップリングの可能性も見出した。今後もユーフォと2強を構成するであろう。

 

ユーリ!!! on ICE

業界初のフィギュアスケートアニメ、こちらも「業界初」でやや不安視していたがこちらは非常に素晴らしい出来を見せている。

内容は勇利の成長物語で、たびたびビクトルとのホモホモしいシーンもあるが、師弟関係が良く描けているのは高く評価したい。ライバル・ユリオとのライバル関係も良く描けている。また比較的ハイテンポで、1話1話が濃密に作られているので見応え抜群。たびたび入るフィギュアのルール・レギュレーション説明もテンポを崩しておらず良くできている。しかし、ギャグがやや強いのはあまりいただけないかも。

作画は今期トップクラス。6話終えてもなお崩れない作画。スケートシーンはCG無し、全編手描きながらも、遠近感含めて違和感が少ない。驚異の完成度を誇る。そのせいで同じくMAPPA制作のDAYSの作画がより酷く見える。

 

ブレイブウィッチーズ(4話放送済み、1週延期)

f:id:ge4457f:20161105152503p:image 

ストライクウィッチーズ」未視聴の私だが、ここまでそれなりに楽しめている。手描きの作画は概ね良好だが、CGがやや粗いのは気になる。

放送休止分に入ったOVAも見たが、こちらも面白かった。CG関係ではやはりこちらの方が上。

 

うどんの国の金色蹴鞠(4話放送済み)

f:id:ge4457f:20161105152513p:image

内容は「ふらいんぐうぃっち」や「甘々と稲妻」に近いタイプの日常系。「甘々」から料理要素を抜いた感じの仕上がりだった。Cパートのガオガオちゃんも中々メタで面白い。あと、ポコが可愛い(だが男だ)。

ただ主題歌(特にOP)が本作の作風とあまり合っていないかなと感じた。作画、音響関係は良好。

 

ドリフターズ

f:id:ge4457f:20161114225748p:image

5話よりリアルタイム視聴。

今流行りの異世界転生ものだが、歴史上の偉人が架空の世界で活躍するという、これまでの同ジャンル作品とは一線を画する面白さを見せた。バトルシーンは非常にグロテスクで、視聴の際には体力を要するが見ごたえある。あと島津豊久の主人公感が半端ない。

作画は緻密だが、片目だけ描いたり光らせたりする描写が多くやや癖がある。またOPがあまりOPっぽくなくてあまり印象に残らなかったかも。EDは普通にかっこいい。

 

第2クール以降または放送再開した作品

文豪ストレイドッグス(第2クール、17話放送済み)

f:id:ge4457f:20161121132508p:image

13~16話は「黒の時代」、17話以降は「2nd SEASON」と題して本編の続きが展開されている。放送前の展望において、最初に黒の時代が挟むことが記されていなかったことをお詫びします。

「黒の時代」は個人的にはイマイチ印象には残らなかったかなと思う。作画もあまり綺麗ではなかった。「2nd SEASON」はまだ始まったばかりでまだ評価しにくいが、17話は王道的な導入回で今後ワクワクさせられるような内容だった。

あと泉鏡花ちゃんが可愛いですね(元ネタは男なんだけどなあ)

※18話以降は未視聴のため省かせていただいた

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(第3クール、33話放送済み)

f:id:ge4457f:20160508221507p:plain

安定の面白さ。ただ最近はダラダラした展開が続いているかなと感じている。「宇宙人」支倉の正体も気になる所。そして中身を変え潜伏している吉良吉影はどう仗助たちの前に立ちはだかるのだろうか。

なお本作は全39話、残り6話となっている。

 

DAYS(第2クール、19話放送済み)

f:id:ge4457f:20160713174626p:plain

第2クール(13話~)はインハイ予選敗退からの内容を扱った。

第1クール同様、展開は超王道。合宿と練習試合を通じ、つくしが成長しているのを実感させられる。特に15話辺りから試合への望み方や発言に変化が表れているのかなと思った。合宿ではDFを含めさまざまなポジションをこなしたが、今後どのポジションで起用されるのだろうか。

第2クールも手描きとCGを併用しているが、両方質は低い。CGの使いどころはもう少し考えられなかったのだろうか。特に今期は同じくMAPPA制作「ユーリ」の存在もあり、どうしてもそこと比べてしまう。

 

レガリア(11話放送済み、全13話)

f:id:ge4457f:20160713174759p:plain

次週、単品の考察記事をうpするため割愛。

 

最後に

今期、ここまで完成度の高い作品が多く揃っている。後半までこの勢いを維持したいところだ。ただ作画関係では良い作品と悪い作品で真っ二つに分かれている。

今期はあまりにも視聴本数を増やし過ぎてしまい、一部作品で雑な感想になってしまったことをお詫びしたい。恐らく今期終了時までには約数本が脱落すると思います。夏目も年末まで見れるかどうかは分からないです。クール総括は年末うp予定。