紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【浦和レッズ】2ndステージ優勝&年間勝ち点1位堅守

J1・2ndステージは残すところあと2節。ステージ優勝に王手をかけた浦和レッズエコパスタジアムにて、ジュビロ磐田と対戦した。

 

磐田 0- 浦和

得点:【浦和】武藤

試合結果詳細→Jリーグ- J1 2ndステージ 第16節 ジュビロ磐田 vs. 浦和レッズ - 試合経過 - スポーツナビ

 

浦和が武藤の一発を守り切り6連勝。残留争いの最中にある磐田は外国人選手が不発で無得点に終わった。

試合は前半、浦和が主導権を握るも無得点。相変わらず精度が悪いクロス、ポンコツシュートの連続。磐田は一発カウンターに賭けたが、でたらめなロングシュートを連発しこちらも無得点に終わった。

後半は序盤、磐田にペースを握られるも、27分に関根のクロスから武藤が上手く頭で合わして先制点。その後も浦和はズラタン、李を連続投入し攻勢をかける。しかし決定機の度重なる粗雑なシュートで追加点は上げられず、試合はそのまま1-0で終了。終盤の集中しなければならない時期できっちり勝ち点3を持ち帰った。

今日も勝ちながらも内容に多数の課題を残した。特に攻撃陣の不発。興梠、李、ズラタンとJ屈指の攻撃陣は息をひそめた。このままではCSで勝てないという危機感はあるのだろうか。最終節の横浜FMは浦和らしいサッカーで勝ち点3を挙げていただきたい。

 

そして、浦和は今日の試合に勝ったことにより2ndステージ優勝が決まった。しかし選手に笑顔はなく、あくまで通過点であることを強調。最終節、勝てば無条件で年間勝ち点1位となり、CS決勝へシードされる。次節も、そしてCSも必ず勝とう。最後は笑顔で終わっていられるように。

CS日程はこちら↓

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ特集:Jリーグ.jp

 

【追記・余談】CS出場権について

現在CS出場を決めているのは浦和、川崎、鹿島の3チーム。ただこの3チームで決まったわけではなく、大宮が出場の可能性をわずかに残している。大宮が以下の出場条件を満たせば、CS1回戦で鹿島と対戦することになる(※鹿島が3位を守れば1回戦は不開催)。

大宮のCS1回戦出場条件は次節・FC東京戦に勝ち、鹿島が負け、さらに現在14ある得失点差をひっくり返すこと。余りにも狭き門、現実味もなさすぎるが、果たしてどうなるのだろうか。