読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2016夏アニメ】リゼロ感想・考察【第2クール】

f:id:ge4457f:20160515174953p:plain

うpが遅くなりすぎてすみませんでした。「Re:ゼロから始める異世界生活」の第2クールの感想・考察です。第1クールはこちらから。

 

総括

第3章、王選の候補争いと魔女教との死闘

第12話より第2クール(第3章)に入った本作。個人的に第3章は、1回1回の「死に戻り」の重みが第1クールの比にならないくらい重かったと感じている。それまでは問題解決への過程の一つに過ぎなかったように感じていたが、第3章は1つ1つの大きな区切りになっているような感じがした。また17話(?)の絶望感全開のエンディングは胸に刺さった。その際、出てきた巨大化パックも中々迫力あった。

スバル、死に戻りをフル活用

死に戻り能力を駆使し、幾度もの危機を乗り越えたスバル。第3章では魔女討伐へ王選候補と交渉したものの、失敗続き。しかしここも死に戻りをフル活用し上手く乗り切った。ニートとは思えぬ賢さを見せた。そして王選候補を上手くまとめ、白鯨に挑む、この流れが個人的に一番盛り上がった。

レムの圧倒的ヒロイン力

そして18話、絶望の淵に立たされたスバルの前に、レムが慰めてくれた。18話はほぼ全編レム、圧倒的なヒロイン力を見せてくれた。個人的にリゼロのピークはこの回だった。

白鯨・魔女教との決戦

19話以降はまさに決戦の連続。まずは白鯨、各キャラが白鯨撃退へ全力を見せていたが、個人的にはヴィルヘルムが無双しまくったのが印象に強い。ハイスペックじいさんすぎて鳥肌ものだった。若い時もカッコよかったけど、スピンオフとか出ているのかな?

続く魔女教との戦い、ペテルギウスが驚異的な演技力をキ○○イぶりを発揮。さすが松岡さんといった感じ。ただ、最後討たれるときは思ったよりあっさりしててちょっと残念だった。

ラストは少し急ぎ足だったか?

最終話は魔女教を倒し、エミリアたんに膝枕をしてもらう感動のラストでしたが、王選のこととかほぼ全てすっ飛ばしだったのが少々残念。25話で間に合わなかったからなのか、あるいは作品のバランスを考慮してなのかはわかりませんでしたが、ここに関しては心残りだったと感じた。それにレムの出番が一切なかったのも気がかり。エミリア派の俺でさえもこれは擁護しがたい。

 

採点

キャラ・・・★★★★★

内容・・・・★★★★☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★★☆

17/20点

 

その他

夏アニメの覇権に恥じぬ面白さだった本作。アニメ版はMF文庫版準拠なのでストックはまだ不足していますが、ぜひ2期を作ってほしいですね。

 

公式サイト

re-zero-anime.jp

 

放送終了してからしばらく放置気味だったので、一部設定ミス、誤字脱字がある可能性があります。ありましたらコメント欄にて報告よろしくお願いします。