紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【アニメ映画】「聲の形」見てきました

f:id:ge4457f:20161023211634j:image

今日、映画「聲の形」を見てきました。

もう、「最高!」の一言に尽きます。内容、作画、声優、主題歌など、あらゆる面で素晴らしい出来でした。そんな中でも、個人的に評価したいポイントは3つ挙げていきます。

1つ目は、聴覚障害や手話といった、難しい(あるいは重い)テーマを、丁寧かつ不自然なく表現できていたところです。硝子と将也の気持ちが、手話を通じ少しづつ通っていく描写がとても良かったです。公開前はこういったテーマはアニメでは難しいのではと疑問もありましたが、実際見てみると最後まで納得させられる内容だったので良かったです。

2つ目は、上のテーマのみならず、硝子と将也を取り巻く人物の心情描写や、人間関係の構築あるいは崩れなども端的に表現できていたところです。直花の癖ある性格は、個人的に嫌なキャラだなあとは感じましたが、本作にとってはいいスパイスになってたと思います。また個人的には、硝子の妹・結絃のキャラがとても気に入ってます。生意気だけど、硝子と将也の距離を縮めさせたい思いにぐっときました。

最後は、やはり作画。圧倒的の一言に尽きる。京アニ特有の画風もしっかりと本作に溶け込まれていた。水中や水しぶきの作画もとても綺麗でした。また将也が顔を直接見られない人物に対して、×マークで表現していたのも良かったです。特に直花に対しては、剥がれたりつけ直されたりの連続、両者の関係性を一つの記号を通じ丁寧に分かりやすく表現した所を大いに評価したい。ただ「京アニの作画だ」って一目でわかるから、京アニの作画が苦手な人には向かないかも。

 

あえて不満だったところを挙げるなら、印象に残るBGMがあまりなかったかな、という所です。aikoさんの主題歌は素晴らしかったですが、BGMが現代にしては古臭いなー(というよりも、妙にノスタルジックだな)と感じました。

個人的には終始納得しましたが、原作勢曰く原作はもっと中身が濃いみたいですね。大変面白かったので、原作の購入も検討したいです。

 

今年は「君の名は。」「聲の形」など、多くのアニメ映画が話題になりました。私もこれを機に、アニメ映画をもっと積極的に見ていきたいです。ちなみに今のところ、アニメ映画を採点する予定はありません。ただ本数が増えてきたら導入することも考えたいです。