紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【浦和レッズ】5連勝もステージ優勝持ち越し

J1も残すところあと3節。浦和レッズはアウェーで新潟と対戦した。

浦和レッズは今日にも2ndステージ優勝の可能性があり、「浦和勝利」かつ「川崎および神戸が引分以下」に終わることが条件だった。

 

新潟 1- 浦和

得点:【新潟】R.シルバ 【浦和】興梠2

試合結果詳細→Jリーグ- J1 2ndステージ 第15節 アルビレックス新潟 vs. 浦和レッズ - 試合経過 - スポーツナビ

 

浦和は優勝への最低条件をクリア。神戸は仙台に3-0で敗れたが、川崎が広島相手に2-0と勝利し、ステージ優勝は持ち越しとなった。

試合は前半開始早々、興梠1対1の状況を作り先制点を挙げる。しかし直後にバックパスのミスをラファエルシルバが見逃さずゴール、同点に追いつかれる。その後新潟ペースが続く。終盤で浦和がFKやCKでチャンスを作るも、無得点に終わった。

後半は再び新潟に主導権を握られる。中盤に新潟がゴールネットを揺らすも、オフサイドに救われる。そして終了間際、関根の絶妙クロスから興梠が押し込み勝ち越しゴール。そのまま試合は終了、浦和は5連勝をマークしステージ首位をキープした。

浦和が2ゴールと得点数だけなら浦和が上回っていたが、内容は新潟に主導権を握られる時間帯が長すぎた。また森脇ら守備陣のクリアミス、コーナーキックのクロスの質の悪さなどが目立った。関根、武藤がドリブル突破する姿勢は評価したいが、やはりゴールという形につながっていなかったのが残念。勝ち点3は持ち帰ったが、課題山積の内容だった。

 

前述のようにステージ優勝は持ち越しとなり、また川崎が神戸をかわし2位に浮上した。なお浦和と川崎の勝ち点差は6で、次戦浦和が負けても川崎が勝たなければ優勝が決まるという状況となった。ただし、年間勝ち点における浦和と川崎の勝ち点差はわずか1、CSシード権を得られる「年間勝ち点1位」を手にするためには2連勝は必須となる(なお得失点差も微差)。次戦・浦和はアウェーで磐田と対戦。

 

一方、残留争いでは本日、湘南の降格が決定。復帰後2シーズン目のJ1は遠藤・永木の移籍が大きく響く形となった。これで降格枠は残り1枠となり、磐田、甲府、新潟、名古屋の4クラブ中下位1チームが降格する。特に名古屋は初のJ2降格の危機、何としても回避したいところだ。