読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2016秋アニメ】第1~2話総括【更新済】

2016年の秋アニメの第1~2話の総括です。

対象作品は今期から放送開始した新作アニメのみです。

 

刀剣乱舞-花丸-(2話視聴済)

動画工房の最新作。人気ブラウザゲームのアニメ化プロジェクト・第1弾(第2弾は来季放送、ufotable制作)。

無難な滑り出し。女性をターゲットにした日常系と聞いたがバトルシーンもあった。クオリティはそこそこ、きららアニメのノリを腐向けに料理した感じか。

腐向けは苦手だが、動画工房のファンなので3話辺りまで様子見。

 

魔法少女育成計画(2話視聴済)

素晴らしい立ち上がり。「まどマギ」っぽいけど、細かいところで差別化を図っており十分楽しめそう。むしろ萌え色がまどマギ以上に濃いので、死亡シーンがかなり胸に刺さる。話としては1話である程度方向性を定め、2話で方向性を固めてきた。3話以降も同じような流れで行きそうなので、安心して見られそう。

声優陣もきららアニメ等で聞き馴染みのある顔ぶれ。今期の中では期待できる部類。

 

夏目友人帳 伍

同シリーズの第5期。本作より制作が「朱夏」に変わっている。

弟に薦められて見た(弟は本作のファン)。一言で言えば、不思議な世界観でよく分からなかった。1期から見た方が良いな。

 

WWW.WORKING!!

 「WORKING!!」シリーズ最新作。本作はそのWeb版をアニメ化したもの(4期ではない)。

本シリーズは初めて見たが、非常に面白かった。特にテンポが良く、30分とは思えぬ濃密さだった。キャラの毒の強さも評価に値したい。

ただ作画がやや汚いのと、所々寒いギャグがあったのは気がかり。A-1は前期やらかしたので今後も作画崩壊しないかどうしても気になってしまう。

 

ステラのまほう

今期のきらら枠。制作は前々期「あんハピ♪」を制作したシルバーリンク

無難な滑り出し、きららアニメの可愛さ全開の30分だった。前期「ニューゲーム」はプロのゲーム制作を題材にしていたが、こちらは同人ゲームを題材にしている。ただニューゲームとの違いはそこだけではなく、ゲーム制作の深層を掘り下げることを示唆する描写も見られた。ここが本格化するのは2話以降になりそうなので、まずは様子見といったところ。

フォワード原作以外のきららアニメとしては珍しく、シリアスな描写が1話から見られた。今後もやはりこの路線を通すのだろうか。

本作とは無関係だが、CMはきらら関連で占めた。もちろんきんモザ劇場版もやった。非常に楽しみである。

 

装神少女まとい

前期「リゼロ」で話題となった「WHITE FOX」のオリジナルアニメ。

個人的にはユーフォの次に期待値が高かった。しかし1話はやや期待外れに終わったと感じた。「和」×「魔法少女」のアイデアは良かったが、それ以外の、ヨーロッパとか軍人とかの設定とはあまり融和できてなかった。

作画はそこそこ。演出も悪くない。1話OPスキップと本気度が表れているが、その本気度が2話以降も続くのだろうか。

今期は「まほいく」と魔法少女アニメのライバルが存在する。しかし本作は1話でまだ方向性が見えて来ず、2話で固まりそうにもない。早いうちに方向性を定めなければ、駄作に終わりかねない。

 

競女!!!!!!!!

見ない予定、だったけど結局見ることに。内容は思った以上に真面目に作ってた。競女の運営形式とか養成学校は公営競技をモチーフにしているようだ(ここの業界には疎いのであまり分からないが)。作画は綺麗じゃないけど、演出は良し。

でも設定が馬鹿馬鹿しいのも事実。つまらなくはないけど、こういうのはいわゆる「良質クソアニメ」で終わりそうな気がする。

 

終末のイゼッタ

オリジナルアニメ。

毎クール数本はあるアニオリのシリアスものだが、あまり引き込まれるような感じはしなかった。特に架空の国家を使っているが実はヨーロッパ各国のオマージュに過ぎなかったところや、どういったジャンルの作品になるか等、設定面で気に入らない部分が多かった。一応Wikipediaには戦争とか魔法少女とか書かれているが、両ジャンルを上手く融合させることができるのだろうか。

作画や音楽など内容以外の面では普通といった感じ。開幕OPスキップと気合が入っているが、それに応える出来になるのだろうか。

イゼッタの詳細など、不明な部分も多いので様子見といったところ。

 

響け!ユーフォニアム

2015年春に放映した「響け!ユーフォニアム」の続編。初回は1時間スペシャル。

1話は期待通り、いやそれ以上の出来だった。前半はまず2年生の新キャラが登場、それに伴うギスギスした展開も見られた。今回は「元部員」の2年生がカギを握るそうだが今後吹奏楽部にどう絡むかが気になる。ただ元部員をこのタイミングで入れても練習にはついていけないんじゃないかな?とは思う。

後半は夏祭り。いきなりの祭り回である。久美子と麗奈のキマシな描写も。初回から濃い百合要素を持ってくるあたり、2期はもっと百合百合するのだろうか?

 

ろんぐらいだぁす!

予想を大きく上回る出来を見せた。登場人物は女子大生と従来の萌えアニメより年齢が上だが違和感は無かった。部員を増やして、みんなで自転車を漕ぐ姿が早く見たい。でも、あおいちゃんが澪ちゃんみたいなキャラだったり1話の流れが「けいおん!」っぽいのは気のせいだろうか。

ただ、制作がかのアクタスなので、予定通り12月に最終回を迎えられるかどうかが不安である。

 

3月のライオン

今期の「シャフト」作品。

生活感あふれる1話だった。将棋シーンも良くできている。あの事件は本編とどう絡めるのか?あるいはあまり絡めずさらっと進めるのだろうか。個人的には先が読めない。

ただ作画のクセが強かった。特に顔、口の影のせいで常に困り顔をしてるように見える。

内容以外にも、NHKで放送されるのでCMがなく、また全国同時放送なので実況しやすいのも評価点。

 

灼熱の卓球娘

ほぼ完璧の滑り出し、ロケットスタートを決めた。予想以上にちゃんと卓球をしていた。もちろん作画、演出も良好。前々期に悪夢を見せたキネマシトラスだが、本作には大いに期待できそう。「ゆゆ式キネマシトラス」が帰ってきた。

なお今後は日常シーンが増えるらしい。日常系に手慣れている所なので安心できるが、前述のように(ry

で、まげまげが「ゆるゆり」のあかりちゃんを思い出すのは私だけか?

 

ALL OUT!!

ラグビーアニメ。

1話の流れはスポーツ漫画としてはオーソドックスな内容。ラグビーアニメは業界初(?)だからあまり冒険しなかったからなのか。現実のラグビーもあまり見ない人なので正直、面白いのかつまらないのかの判断が付きにくい。こちらも様子見。

制作はトムス×マッドハウスと中堅同士のタッグとなったが、いずれも作画が安定している所ではなく、本作においてもやや粗が見つかった。

EDは「全力少年」のアレンジ(スキマスイッチが歌っているのでカバーではない)。悪くない。でも出来ればオリジナルで攻めて欲しかったかも。

 

ガーリッシュナンバー

オリジナルアニメ。

「制作:ディオメディア」だけで勝手にクソアニメ認定してましたが、すみません。素晴らしい出来でした。「俺ガイル」の渡航原案らしく、登場人物が本音をぶちかましまくった。アニメ内でアニメ業界(およびラノベ業界)を批判する、挑戦的なスタイルも大いに評価したい。OPの流れも良かった。

ただ、前述のような流れが今後も続くと思われるので、人を選ぶアニメになりそう。俺ガイルが無理な人なら、本作も無理であろう。

 

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

2期未視聴で一部キャラは分からないが、1話の流れは良かった。決勝戦独特の雰囲気が良く描けていた。2期は3期終了までに見ます。

ただ、1試合丸ごと1クール使うので退屈にならないかが心配な所。

 

フリップフラッパーズ

オリジナルアニメ。

不思議な感じのアニメだった。内容は良く分からずついていけなかったが、2話以降が楽しみ。百合要素もあり、今季はユーフォと双璧を成すのか。

こちらも独特な作画・演出を持っている。OPはそれなりの出来だったが、EDが秀逸。

 

ユーリ!!! on ICE

オリジナルアニメ。

予想とは全く違った面白さを見せた。特に勇利のキャラが予想の斜め上をいった。でも悪くない。でも「勇利」と「ユーリ」、少々紛らわしいかも(あえてそれを狙ったのだろうけど)。

CG無し、手書きで見事にスケートシーンを表現できていた。今季トップクラスの作画を誇った。同じMAPPAの「DAYS」とは大違い。

OPも独特な作り。EDもそこそこ。

 

ブレイブウィッチーズ

本シリーズ初視聴。1話はいわゆる導入回だった。シリーズ初見組に優しいアイキャッチも。演出は良かったけど、その割に作画がやや粗かったかも。

シルバーリンク特有の動く提供絵も。中々癖になる。

 

クール中間の総括は11月中旬にうp予定。

【10/16更新】「ユーリ!!!」執筆、他作品も一部加筆修正。

【10/16更新2】一部修正