紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【日本代表】アウェー豪州戦、先制するもドロー

W杯出場を目指す日本代表は今日、アウェーでオーストラリアと対戦した。W杯予選通算成績は3分1敗と未だ勝ち点3を挙げられていない。

 

オーストラリア 1-1 日本

得点:【日本】原口、【オーストラリア】ジェディナク(PK)

結果詳細→サッカー日本代表 - オーストラリアvs.日本 - 試合経過 - スポーツナビ

 

引き分けました。暫定2位に上がりましたが、サウジが今節勝つと再び出場圏外に落ちる状況。かなり厳しくなりました。

まずは本日のスタメン。ドルトムントで出場機会を得られていない香川、ミランのベンチ本田、J2山口が同時先発、そしてゲームメーカー清武と俊足の浅野がスタメン落ち。仰天です。ちなみに出場停止となった酒井宏樹のポジションに槙野が入った。太田を出す選択肢もあったが、まあ妥当。

試合は前半開始早々、原口が素晴らしい裏の抜け出しから1対1の状況を作り出し落ち着いてゴール、先制点を挙げた。追加点奪取を目指す日本はその後も攻勢をかけたが異常なほどのパスミスとカウンターにより全く攻めきれず、1-0で折り返す。後半は開始早々、先制点を挙げた原口がやらかし、PK。PKもGK西川が逆を突かれる形で同点。その後オーストラリアペースになるも必死の守備で逆転を阻止。終盤は清武、浅野と本来スタメンに入るべき選手をようやく入れるも、GKの好セーブなどに阻まれ試合終了。1-1の引き分けに終わった。

まあ、荒々しい守備とハリルの采配ミスが引分になった最大要因でしょうね。原口はあそこがペナルティーエリアであることを分かっていたのだろうか。原口以外にも、もはや恒例となった吉田のパスミス、槙野らサイドバックの稚拙な守備とサイドアタックも気になりました。なお今日の(日本の)ボール支配率は驚異の32%。残念だが当然と言える数字である。

中盤~前線も香川、本田とか出場機会に恵まれない選手ばかり出す始末。香川は空気、本田は鈍足でせっかくロングパスで攻勢をかけても追いつかない。後半途中の交代も遅すぎ、それにアップ終わらせて出場準備をさせた浅野を急きょやめて清武を出すグダグダ采配。そのまま浅野出して、それから清武出しても何の問題もなかったんですけどね。あと、3人目の丸山は何ですか?勝たなきゃいけない状況なのに、あまりにも消極的すぎますね。GK西川も中盤まで安定していましたが、終盤やらかしかけましたね。

オーストラリアの選手も今日はパスミスが多かったですね。ただ突破力は明らかにオーストラリアが上だった。個の力が大違い。日本キラー・ケーヒルが空気だっただけまだ救い。。

 

まあ「最低限」なんでしょうけど、サウジの勢いを考慮すれば、とても「最低限」じゃないですね。次戦サウジ戦はホームなんで、絶対勝ちましょう。あと本田香川は外して、清武浅野を入れましょう。武藤もそろそろ復活して欲しい。

 

【10/12追記】今月中に監督の進退に関わる会議が行われることが判明した。

headlines.yahoo.co.jp

ただ個人的に、今のタイミングでハリルの解任には反対する。今はサウジ戦の結果でハリルをどうするかに留め、サウジ戦終了後に進退を決めるべきだと思う。後任問題もあるので(もちろん同タイミングで後任探しをすべきだが)。