読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【日本代表】W杯予選、苦戦の末2勝目

サッカー

本日、日本代表はW杯最終予選にて、イラクと対戦した。両チームの対戦前成績は日本1勝1敗、イラク2敗。

 

日本 -1 イラク

得点者:【日本】原口、山口 【イラク】サード

結果詳細→サッカー日本代表 - 日本vs.イラク - 試合経過 - スポーツナビ

 

ホーム初勝利を目指す日本。ドルトムントで出場機会を得られていない香川はベンチスタート、他宇佐美らが負傷のため欠場となった。

試合は開始早々、イラク選手がヘディングで決定機を生み出すもポストに当てる惜しいプレー。失点の可能性があっただけにやってはいけないミスだった。その後は日本が徐々にペースを掴み、前半26分に試合が動く。清武のラストパス(クロス?)から原口がヒールで押し込み先制点。ただ疑惑の判定の中での得点、ラッキーゴールとも言えよう。その後得点に動きはなくハーフタイムへ。ただ本田らベテラン組のパフォーマンスが悪すぎる。このタイミングで替えていれば後の失点も惜しいプレーもなかったのだろうに。

後半は開始より守備崩壊に陥り、15分に失点。その後山口、浅野を連続投入するも、本多の粗悪なヘディング、浅野のフィニッシュの質の悪さなどミスが多発。そして本田もようやく下し、川崎のストライカー小林がピッチへ。しかし得点は動かず、アディショナルタイムへ、そして後半50分、途中出場の山口蛍が値千金の決勝ゴール。日本が苦しみながらも勝利、本大会2勝目を挙げ勝点を6に伸ばした。

 

今日は清武、原口の活躍が光った。両者は欧州における立場が対照的ではあるものの、よく頑張った。清武はレギュラー奪還へ、原口はゴール量産へ、さらなる活躍に期待したいものだ。

一方で、酒井高徳吉田麻也など守備陣がまたも「やらかした」。ハンブルガーのレギュラーとして出場機会は恵まれている酒井高徳、今日はどうしたのだろうか。クラブのレギュラー争いにも影響が出かねないミスの連発ぶりだった。吉田麻也はいつも通り。サウサンプトンも何故吉田を雇い続けるのでしょうね。また攻撃陣も機能不全、本田はもうスタメンで出さないでください。ハリルの目にはまだ、ACミランは輝いて見えているのでしょうね。

 

次戦は「鬼門」オーストラリアとアウェーで対戦。来週火曜18時キックオフ。絶対に勝ち点3を持ち帰りたい。

soccer.yahoo.co.jp