読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2016夏アニメ】クール総括

アニメ・漫画・ラノベ

2016年の夏アニメも、ついにフィナーレを迎え、継続作品は折り返し地点に入りました。

今期も例によってクール総括をしていきたいと思います。個別記事のないアニメの感想および採点、私的ランキングも載せています。そして今期より主題歌の表彰を行います。ランキングの項を参照。

 

総括

圧倒的覇権力を見せつけた「リゼロ」

世間でも覇権認定する方々の多かった「Re:ゼロから始める異世界生活」、私も今期の覇権作品として認定したい。

第1クール(第1章、第2章)ではスバルの痛さとテンポの遅さ等、不満点がいくつかあったが、第2クール(第3章)ではレムの圧倒的ヒロイン力とスバルの高い交渉力・行動力に毎話しびれた。内容だけではなく作画、音楽、声優、世界観すべてが今期抜きんでた完成度だった。ヴィルヘルムやユリウス等、サブキャラにも平等に活躍の場を与えるなどスキのない作りで終始満足させてくれた。ただ最終話は(ry

 

概ね満足の出来だった日常系&癒し系

今期の日常系は豊作に恵まれた。話題作「NEW GAME!(ニューゲーム)」「あまんちゅ!」はいずれも覇権クラスの出来。ニューゲームは動画工房アニメとしては珍しく、原作に忠実に作られていた。話題の「ぞい」は原作で出した1回きりだったが、それ以外の要素(百合、色気、社畜など)がフル回転し終始楽しませてくれた。あまんちゅ!はダイビング要素が予想以上に濃かったものの十二分に癒された。

日常じゃないけど癒される、いわゆる癒し系も強かった。「この美」は予想以上の面白さを見せ、今期屈指の出来となった。宇佐美さんの照れ顔が最高過ぎた。「甘々と稲妻」は完全なダークホース、つむぎちゃんがここまで可愛いとは思わなかった。もちろん料理シーンも上出来。

 

オリジナルアニメの動向

今期の覇権候補ラブライブ!サンシャイン!!」は主題歌こそ今期最高峰の出来だったが、肝心の内容は無駄な百合要素や無印ネタの使いまわし等作り込みに欠ける印象が強かった。2クール目の「クロムクロ」は第1クールの勢いを取り戻すことができなかったが、それなりに良い終わり方となった。

一方、「91Days」が驚くほどよく出来ていたのが今期一番のサプライズ。詰めの甘さは見られたものの、毎話引き込まれる展開の連続で終始楽しめた。

 

高品質ヒロイン陣 

今期では良質なヒロインも多かった。「リゼロ」のレム、エミリアたんはもちろん、「ニューゲーム」のひふみん、「甘々と稲妻」のつむぎちゃん、「この美」の宇佐美さんやコレットさんなど、実力あるヒロインが揃った。

 

その他作品の動向

ここまでは出来の良かった作品について述べていたが、逆に期待を裏切った、あるいは低調のまま終わった作品も前期同様いくつかあった。アニプレックスが関与した「ReLIFE」「Rewrite」「クオリディア」はいずれも全国同時放送と力の入りようだったが、全作品内容作画共に今期ワーストクラスの出来だった。

また、「レガリア」が4話放送後に1か月放送休止し、改めて1話からやり直すという前代未聞の事件も起こった。個人的に期待している作品ではあるものの、果たして2か月のブランクが無駄にならない出来になるのだろうか。

 

最後に

「今期腐向けアニメが多い」なんて事を放送前はちらほら聞いた今期。しかし終わってみれば、腐向け以外の面白い作品も多く概ね満足のできるクールであった。また今期は前期のようなジャンルの偏りは起こらず、萌えからシリアスまで満遍なく楽しめた。

ただ、作画崩壊が相次いだのも今期の特徴。アニメは脚本の出来が最も重要になるが、「アニメーション」であることも忘れてはならない。

 

各作品の感想・考察・採点

※「レガリア」は放送途中のため、本記事では取り扱わない。

個別記事のある作品はこちら→ ニューゲーム この美 リゼロ(第2クール)

 
あまんちゅ!

f:id:ge4457f:20160713174817p:plain

ふらいんぐうぃっち」に続くJ.C.STAFF制作の日常系作品。

内容、作画、音楽すべてが癒しを追求しており、憂鬱になりがちな月曜の終わりを癒してくれた。放送前の予想とは裏腹にダイビング描写が濃すぎたりなど序盤は戸惑ったが、次第に日常系らしいシーンも増え、本作の面白さを見出すことができた。最終回をダイビングで締めたのは良かったですね。

作画は終始安定、特に独特な赤面の描き方や背景の絵が綺麗だったのを評価したい。ただ、デフォルメを使いすぎていたり、使いどころにやや難があったのは最後まで気になった。「ARIA」を見ていないのでここら辺に関してはよく分からないが、もっと控えめにしてほしかった。

主題歌は文句なしの出来。前半と後半で1番、2番を替えたEDも素晴らしかった。

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★★☆

14/20点

 

モブサイコ100 

f:id:ge4457f:20160713174906p:plain

昨秋、「ワンパンマン」で話題を集めた「ONE」原作の最新作。

個人的に、本作の評価は前半と後半で大きく分かれた。前半は一言で言うと「退屈」、バトルシーンも一応あったが会話パートがだらだら続く展開の連続で面白味を感じられなかった。

一方後半は弟の律が超能力を目覚め、その後はテンポよく敵を蹴散らして本作の面白さを見出すことができた。特にラストに霊幻が出てきた所が一番盛り上がった。爪のアジトで登場した各キャラもそれぞれ個性が出ていて見物だった。

ただ作画やや粗かったという印象も強かった。原作絵がそうなので仕方ないかもしれないが。声優の演技力や主題歌に関しても良くもなく悪くもなくという感じだった。

なお、先日ワンパンマンの第2期制作が決定した。放送時期は未定。

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★☆☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

11/20点

 

甘々と稲妻

f:id:ge4457f:20160713175128p:plain

つむぎちゃんとパパの公平らが料理・食事をする姿を楽しむ、いわゆるグルメアニメ。

各話の流れはイベント→料理→食事と単調なものだったが、最後まで飽きさせなかった。また料理要素以外にも、つむぎちゃんとパパが幼稚園などで起こるイベントを通じ、成長する姿にも感銘を受けた。いずれの要素においても丁寧に描かれており、終始癒された。そして最終回も特別なことはせず、ただ日常を描くことで終わったので、「もう終わったの?」という喪失感も感じさせた。

小鳥ちゃんや中盤から登場したキャラも個性的だった。ただ、つむぎちゃんを描くことに集中していたためか、あまり掘り下げられなかったのは残念。

声優の演技力や主題歌の出来はそこそこ。ただ、作画がやや粗かったのは頂けなかった。料理の作画こそ平均以上だったが、キャラクターの作画は今季の中でも下位に入るレベルだった。

タイトルの由来は最後まで明かされなかったが、原作者曰く「ご想像にお任せします!」とのこと。ソース→good!アフタヌーンに連載されていた、雨隠ギド先生の「甘々と稲妻」この... - Yahoo!知恵袋

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★☆☆☆

音楽声優・・★★★★☆

13/20点

 

ReLIFE 

f:id:ge4457f:20160713174426p:plain

10年若返りして高校に入り人生をやり直す、いわゆる流行りのやり直しアニメ。ただ薬の設定がコナンとモロ被り。もっと言えば、APTX4869を表社会に出した(合法化した?)感じ。

話のテンポは序盤こそまあまあだったが、中盤以降劣悪に。原作ストックとかの問題を抱えているかもしれないが、13話ではなく12話で収めれば良かったのでは?とさえ思った。序盤も社会人であることの設定をうまく利用できていたが、中盤以降それが影をひそめてしまい、本作の面白みが半減してしまった(おまけに海崎の出番すら減る始末)。

EDは90年代~2000年代前半のJ-POPを流した(毎話違う、ただし映像は並び替えたことを除けば使いまわし)。カバーでもなくそのまま流すのは斬新な試み。ただ逆を言えば手抜きと捉えることもできる。また序盤のぶつ切りは頂けなかった。後半上手く合わせたけど。

他、本編とは関係ないが放送前に全話完成して金さえ払えば全話見られるという製作体制は評価に値したい。でも放送前に出来上がれる余裕があるなら作画をもうちょっと頑張ってほしいし、EDぶつ切り問題も解決すべきだった。

キャラ・・・★★☆☆☆

内容・・・・★★☆☆☆

作画・・・・★★☆☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

9/20点

 

ラブライブ!サンシャイン!! 

f:id:ge4457f:20160713174524p:plain

ご存知「ラブライブ!」の新プロジェクト。

主題歌の出来は歴代最高峰だった。μ's要素も残しつつも、無印からの進化を実感させた。楽曲が重要視される本作で会心の出来を見せ、本作最大の評価点となった。

ただ、内容は無印(μ's)には遠く及ばなかった。まず序盤の無印ネタの乱発、ファンサービスなのかもしれないが雑さも多く残した。さらに百合要素も無印以上に露骨になり、あまり楽しめなかったというよりも、カップリングの想像力を阻んでしまった。最終回の劣悪テンポと謎の回想ミュージカルが、本作の出来の悪さにトドメを差してしまった。途中まで無印との時間軸がどうなっているのか考察をする所は楽しめたのだが。

キャラデザや個性も、いまいち心惹かれるようなキャラはいなかった(μ'sでは海未ちゃんを推してましたが)。μ'sより個性をハッキリさせたが、どれも空回りな印象が強かった。それに中学生にしては乳を盛りすぎているのも良くなかった(一応、μ'sの希よりは小さいらしい)。

キャラ・・・★★☆☆☆

内容・・・・★☆☆☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★★★

11/20点

 

クオリディア・コード

 f:id:ge4457f:20161004211826p:image

A-1制作、アニプレックス製作の最新作。全国同時放送という非常に本気の入っていた作品(Rewriteアニプレが関与し同様の体制と採っていた)。

ただ本編まで本気だったかというと、全くそうではなかった。まずは内容、序盤はただアンノウンを迎撃する展開の連続で退屈にさせられた。3話のカナリア突然死も「え?」といった感じで何が起こったが全然理解できなかった。また神奈川パートの長すぎる回想も要らなかったと思う。唯一、チップによって幻を見せられていて実はアンノウンじゃなくてヘリを迎撃してたという設定は良くできていたと感じたが。

そして本作最大のやらかしポイントは作画。ほぼ全話で作画崩壊が起こった。そして目の描き方が異常に雑だった(というよりも、みんな白目を向いているようにしか見えない描き方だった)。他、アンノウン死亡時のクソダサエフェクトの使いまわし、最終話のニンジャスレイヤー並みの適当作画も酷かった。まさに「低クオリディア」である。

本作は3人の小説家によるメディアミックス企画で、9話まで3話ごと(?)に各県がメインを入れ替える進行だった。この試み独自の面白さを見せたと共に、その難しさも実感させた。個人的には千葉パートが一番面白かった。

主題歌はRiSAやClariSと異様な力の入りようだったが、本編の酷さもあり宝の持ち腐れ(?)となってしまった。

キャラ・・・★★☆☆☆

内容・・・・★★☆☆☆

作画・・・・☆☆☆☆☆

音楽声優・・★★★★☆

8/20点

 

91Days 

f:id:ge4457f:20160713174703p:plain

朱夏」制作のオリジナルアニメ。

洋画を意識した作りで、渋い仕上がりになった。酒を巡るマフィアの抗争、アヴィリオの動向、そしてターゲットとの接近とどれも質の高い出来だった。特に8~10話辺りの展開が一番盛り上がった。しかし10話のアヴィリオの発言でその後の展開が分かり切ってしまい、ラスト2話が尻すぼみになってしまったのは残念。また最終話がホモホモしい回になってしまったのも宜しくなかった。ラスト2話次第では★4つ、5つは与えられたんだけどなあ・・・

作画に関しては終始安定、BGMも雰囲気を壊さない重厚な仕上がりに。主題歌はどれも良かったがEDが特に印象深く残っている。

前半終了時にはいわゆる総集編を挟んだ。こういったアニメは不慣れだったので挟んでくれて嬉しかったが、手紙の送り主など重要な要素がすっ飛ばされていたのは残念。

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★★☆

14/20点

 

DAYS(第1クール、本記事では12話までを扱う)

f:id:ge4457f:20160713174626p:plain

本作を一言で言えば、「王道スポ根サッカーアニメ」だった。サッカーの技術・戦術描写よりも、人間ドラマに力が入っており、古き良きスポーツアニメでもあった(一応、決勝では戦術描写も濃くなっているが)。序盤は練習シーンに終始しやや退屈気味だったが、試合回が入った後半からテンポが劇的に良くなり、面白さに拍車をかけた。第1クールでは都予選決勝で敗れ全国への道は断たれたが、第2クールでの逆襲に期待したい。

ただ作画の乱れや質の低さは終始気になった。特に風間などの髪の描き方が雑だった。また準決勝辺りからCGを多用したが、自然とはいえず粗さが目立った。

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★☆☆

作画・・・・★★☆☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

12/20点

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(第2クール、本記事では26話までを扱う) 

f:id:ge4457f:20160508221507p:plain

岸辺露伴、重ちーなど一癖二癖あるキャラが続々登場した第2クール。単なるバトルだけではなくギャグ要素も強かった重ちーメイン回が一番面白かった。あまりにも早い離脱が悔やまれる。

そして本作の黒幕となる吉良吉影も登場。チートじみた能力にも仗助、承太郎らは互角に戦った。この際広瀬康一のエコーズがACT3に進化、スタンドの癖して意思をもって会話してくるのが少々むかつきましたね。ハイレベルな頭脳戦は質が劣るどころかむしろ良くなっている。

敵スタンド・吉良吉影との戦い以外にも、杉本鈴美&犬アーマルドとの出会いや由花子×康一のデート回が面白かった。JOJOにおいて恋愛要素のあるシーンは1部や2部でもたびたび見られたが、今回はそれ以上に力が入っていたので中々に見応えあった。

主題歌はOPのみ変更、クールな仕上がりになった。ただJOJOっぽくないと思う(私だけ?)。第3クールOPは非常にカッコよかったですけど。

キャラ・・・★★★★☆

内容・・・・★★★★★

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

15/20点

 

クロムクロ(第2クール、完結)

f:id:ge4457f:20160508221448p:plain

第2クールはエフィドルグとの戦いに重点が置かれた。

ただ第1クールにも見られたように、本編と全然関係ない話が何話も挟み、展開が非常にもっさりしているのは気に入らなかった。バリバリのロボットアニメが見られると思った私が馬鹿だっただけかもしれないが。また本編内においても、剣之介が反逆したムエッタを救助する展開がご都合主義的な流れで宜しくなかった。エフィドルグ退治してハッピーエンドな感じの終わり方を予想していたのでラストは少々驚かされた。終わり方を捻らせたのは評価に値する。

また、本作のいくつかの設定が良くなかったと感じた。舞台は富山、国連がメカを管理、訓練回の存在等、と現実味のある要素に対しエフィドルグの衣装やゼルの容姿が本作の世界観にあまり溶け合っていなかったと感じる。またクロムクロは450年前から存在していたが、誰がどのような技術をもって作ったのか、そして由紀奈の父に消息も詳しく描かれなかったなど詰めの甘さが多く見受けられた。せっかく2クールで作っているのだから、こういった隙も上手く埋めて欲しかった。

作画は終始安定、キャラデザ・メカデザはそれなりに良かった。次回予告にメカ解説をしてくれたのもナイス。

声優の演技力についてはまあまあ。主題歌はいずれも第1クールより印象に残らなかった。特にEDは第1クール同様手抜き仕様だったのはいかがなものか。

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★★☆☆☆

作画・・・・★★★☆☆

音楽声優・・★★★☆☆

11/20点

 

ランキング・主題歌表彰

ランキング(対象:新作アニメのみ、2クール以上の作品も対象。主題歌表彰作品はボーナス1点を加点)

①リゼロ(17pts)

②あまんちゅ!(14+2pts)

③ニューゲーム(15+1pts)

91Days(14+1pts)

ジョジョ4部(15pts)

⑥この美(13+1pts)

甘々と稲妻(13pts)

ラブライブサンシャイン(11+1pts)

⑨DAYS(12pts)

モブサイコ100(11pts)

クロムクロ(11pts)

ReLIFE(9pts)

⑬クオリディア(8pts)

 

リゼロが堂々の「覇権」。日常系勢は今期も強かった。レガリアは放送中、Rewriteは未消化のためランク外。

 

主題歌表彰(対象:新作アニメのみ。2クール作品対象。オープニング、エンディングそれぞれを表彰)

OP部門金賞・・・Million Clouds / 坂本真綾あまんちゅ!

OP部門銀賞・・・青空Jumping Heart / Aqoursラブライブ!サンシャイン!!

OP部門銅賞・・・SAKURAスキップ/ fourfolium(NEW GAME!

 

ED部門金賞・・・ふたり少女 / てこぴかり(あまんちゅ!

ED部門銀賞・・・恋する図形(cubic futurismo)/ 上坂すみれこの美術部には問題がある!

ED部門銅賞・・・Rain or Shine / ELISA91Days

 

最初の表彰となった今期は、「あまんちゅ!」が2冠を達成。

 

恒例となった秋アニメの1話感想は来週末うpします。