紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2016冬アニメ】クール総括

 作品別の感想考察記事はこちらから↓

新作ファントムワールド だがしかし このすば 

再放送ゆゆ式 

2016年の冬アニメもほぼ終わりました。期待の新作、人気作品の続編、ダークホースなど色々ありました。本記事では、冬アニメ全体の総括と俺的ランキングを書いていきます。本記事にはネタバレ要素を含みます。

 

総括

今期アニメは日常系の新作がなく、当初の視聴予定作品はだかしかしとファントムワールドの2作品のみであった。しかし、その後途中参戦などもあり、最終的には5作品視聴(新作のみ)。しかし1~2話切りや6話切りなど、時間があったのにもかかわらず内容に難があり途中で切った作品も多かった。昨季ほどのインパクトを残した作品は無かったのが第一印象。

前評判の良かっただがしかしが開始2話で糞パロを入れ開幕ダッシュ失敗。中盤に持ち直すも、やはり原作のストック不足や30分に向かない内容もあり終盤失速。しかし、駄菓子をテーマにしているためノスタルジーやギャグ面では楽しむことはできた。

今期といえば、このすばの躍進が印象に残った。2話からの途中参戦ではあったが、話を重ねるごとに面白さが増し、アクアをはじめ各キャラの強烈な個性をいかんなく発揮した展開やギャグメインの内容で楽しむことができた。

一方で、京アニファントムワールドが大コケ。メインキャラ持ち回り制だった前半こそは良かったが、後半以降展開のつまらなさや設定が細かすぎることで、途中で生視聴をやめた(でも最後まで見た)。

再放送勢は進撃の巨人化物語と大作ばかり。見ていない作品でもラブライブがあったりなど、再放送に限れば大豊作といえた。ちなみに進撃は2期ラブライブは新プロジェクト「サンシャイン」、ゆゆ式スペシャルエピソード化物語傷物語と、各作品続編の放送・上映が決定している。

 

個別記事のない作品の感想・考察(採点あり)

おそ松さん

当初、個別記事で書く予定だったが、書くことがあまり無かったのでここで述べることに。2クール目だが、明らかに1クール目から失速した印象。印象に残ったのは19話ぐらいか。後半に入り各松の名前を辛うじて覚えたが、トド松とチョロ松をたびたび間違えた。いずれにせよ、終盤は見るのが辛く、20話前後で切ってしまった。典型的な腐女子アニメだったと感じた。

  • キャラ・・・★★★☆☆
  • 内容・・・・★☆☆☆☆
  • 作画・・・・★★★★☆
  • 音楽声優・・★★☆☆☆

20点満点中10点

USAT第3クール

 全話視聴はギャル子ちゃんと旅街レイトショー(1~4話)のみ。

ギャル子ちゃんは下ネタの知識ばかり蓄えられる、保健体育のビデオ教材を少しきつくしたアニメだった。実質、今期唯一の「日常系」だったと思う。作画は普通に良かった。

1~4話に放送されていた旅街レイトショーはショートアニメらしさ全開で超低予算アニメだったが普通に面白かった。

他作品は途中で切ったか未視聴。石膏ボーイズも途中まで見ていたが、明らかに腐女子狙いで、ストーリーが壮絶につまらないため6話前後で切った。採点はギャル子ちゃん、旅街の2作品を平均的に評価。

  • キャラ・・・★★★☆☆
  • 内容・・・・★★☆☆☆
  • 作画・・・・★★★★☆
  • 音楽声優・・★☆☆☆☆

20点満点中10点

化物語

物語シリーズ最初のアニメ化作品。2009年夏アニメとは思えない作画でまず驚かされた。話は全体的に難解だったので、生視聴し翌日に録画視聴し、ほぼ全話2回見た。

個人的に一番面白かった話は「するがモンキー」。駿河の変態設定や百合設定が私の心を掴んだ。もちろん、バトルシーンや戦場ヶ原との友情シーンも感慨深いものである。ただ、OPに限れば「まよいマイマイ」の「帰り道」が一番印象に残った。

声優陣も超豪華。阿良々木役の神谷浩史、まよい役の加藤英美里、羽川役の堀江由衣など、アニメ歴の浅い私でも聞き馴染みある声優ばかりで楽しむことができた。

  • キャラ・・・★★★★☆
  • 内容・・・・★★★☆☆
  • 作画・・・・★★★★★
  • 音楽声優・・★★★☆☆

20点満点中15点

進撃の巨人

名作ぞろいの再放送の中でも、本作の作画は群を抜いていた。立体機動のアクションシーンはもちろん、巨人駆逐の戦術、人間描写すべてがトップクラスの出来であった。また、巨人化エレン対女型の巨人は、かつて見た特撮を彷彿させた。

一般的な漫画でありがちな「最後は必ず勝利する」ではなく、作戦が失敗したり多くの犠牲者を出したり、必ずしもハッピーエンドで終わらないところが現実的でなおかつ残酷であるが、逆にそれが続きが見たくなる、という意欲を見せてくれた。

アニメでは女型の巨人まで、2期が発表されており今年放映予定だが未だに続報がない。出番の少なかったクリスタや、鎧の巨人・超大型巨人の謎が気になるところ。

  • キャラ・・・★★★★★
  • 内容・・・・★★★★★
  • 作画・・・・★★★★☆
  • 音楽声優・・★★★★☆

20点満点中18点

 

俺的ランキング(入っていない作品はランク外)

新作部門
  1. このすば(15点)
  2. だがしかし(12点)
  3. ファントムワールド(11点)
  4. USAT(10点)
  5. おそ松さん(10点)

中盤までだがしかしがトップを走っていたが、このすばが終盤に逆転。

再放送部門
  1. ゆゆ式(18点)
  2. 進撃の巨人(18点)
  3. 化物語(15点)

進撃や化物語も面白かったけど、日常系の中でも特に尖っているゆゆ式が一番印象に残った。ゆゆ式は哲学

 

来期アニメについて

視聴決定・視聴予定作品はこちらの記事参照↓

ge4457f-trm.hateblo.jp

 

来期も多くの面白いアニメで出会いそうである。もちろん来期も感想・考察記事をうpします。