読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2016冬アニメ】ファントムワールド感想・考察

無彩限のファントム・ワールド」の感想・考察です。原作は持っていないです。

 

総括

前半(1~6話)

本作のピークはやはり1話。リンボーダンスに代表されるように、先輩の乳が一番揺れていた回であった。バトルシーンの描画もなかなか見応えがあった。

以後、各キャラがメインを持ち回った。小糸メインの回が一番印象に残ったが、一方で久留美メインの回のテンポが悪すぎると感じた(5分アニメでも収まるレベル)。ただ、小糸もパロールが長すぎたり、他キャラも役割がハッキリしていなかったり、テンポの悪い回が多かったりなど不満点も多く残った。

ちなみに、あのモブ男の名前は結局最後まで覚えられなかった。

後半(7~13話)

前半が印象に残りすぎたためか、後半は微妙な回が多かった印象。

一番印象に残った8話はいわゆる水着回(※スク水)。しかし水着回の例に漏れず色気要素でごり押しした感じで、特に舞先輩の尻に絵の具を塗るシーンは、ただのエ○ゲだとさえ思った。10話ではオリジナルキャラ・ルルのメイン回だったが、そこまでテンポは悪くなく比較的見やすい回だった。テンポが悪いと連呼しているが、バトルシーンはどの話も平均かそれ以上だったのでまだ救い。

最終話は珍しくアバン無し&通常OP採用。ただ、最終話にしては展開が急ぎ過ぎてた(エニグマとのバトルシーンはわずか10分余り)。ルルメイン回やOPを削ってこっちに2話費やした方がよかったほど。

最終話放送後のCMに、7巻特典としてOVAが収録されることに。内容はお察しください。

 

良かったところ悪かったところ

  • 京アニ」ということで早くから視聴決定し、期待していたが、蓋を開けてみれば舞先輩がひたすらおっぱいを揺らしテンポの悪い展開が続くという、期待外れな内容だった。パロールだから仕方ないとはいえ酷すぎる。おっぱいに興味のない人なら尚更である。
  • 作画は良かった。2話の作画崩壊を除けばの話だが。BGMもおおむね良かった。
  • OPは今期アニメ屈指のカッコよさ。ただ、こちらの動画のせいで「ビリッ」と脳内再生される事態に。EDは次回予告がないためか何回か飛ばしてしまった。

 

採点

キャラ・・・★★★☆☆

内容・・・・★☆☆☆☆

作画・・・・★★★★☆

音楽声優・・★★★☆☆

20点満点中11点

 

その他

個人的に2期やってほしいとは思っていないが、強いて言うならおっぱいよりも内容で勝負して欲しいのと、あの劣悪なテンポをどうにかしてほしい。あのテンポなら2話分が1話で収まると思う。

また、本作放送中に昨春アニメの「響け!ユーフォニアム」も見ていたが、こちらは内容・作画・音楽ともに最高の出来であった。「部活動」のリアリティを最高に表現できていた。採点するなら17~18点辺りといったところか。2期の制作も決まっているそうなので是非見たい。

 

アニメ公式サイト

phantom-world.com