読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【うごメモ】メモを彩った「音楽」の思い出

うごメモ

f:id:ge4457f:20160324022749p:plain

またいつものうごメモ懐古記事になります。ただ、今日はうごメモ作品ではなく、作品を支えた「音楽」を焦点に当てて、色々思い出を語っていきます。

本記事では「RPGで使用されたフリー音楽」と「うごメモで流行した音楽」について振り返っていきます。かなりの長文になりますのでご注意ください。

 

RPGで使用されたフリー音楽

まず、私はRPG作品を作るにあたって、よく著作権フリーの音楽素材を使用していました。といっても、当初はDQやFF等、版権もののBGMを使っていまして、そのうちフリー素材のBGMが流行り出して俺もその波に乗ろう、的な感じで使い始めたのが最初です。うごメモ著作権の知識が浸透した、2011年辺りのことです。

ここでは、現役時代お世話になったフリー素材サイトを紹介します。

 

音楽素材/魔王魂

maoudamashii.jokersounds.com

多くのRPG作者が愛用した「魔王魂」。BGM素材はMIDI製素材高音質素材の2つに大別される。効果音素材も、RPG向けのが多く揃っていたがうごメモには不向きなものが多かった印象。

ページ構成は当時とほとんど変わっていない。プレイヤー部分はさすがに変わっていたが。

私はMIDI製素材をメインに使用しました。その後、高音質も併用するようになりました。効果音はあまり使わなかったと思います(記憶がハッキリしてない)。

 

煉獄庭園

www.rengoku-teien.com

BGM専門のフリー音楽配布サイト。「れんごくていえん」と読む。

超高音質・ロック中心のBGMを配布していたため、こちらも愛用者が多い。うごメモでは魔王魂と2強を争っていた印象。

私はある作者が出典に煉獄庭園を使用していたことから使い始めました(作者名は覚えていない)。晩年期はこちらが主流でした。

 

音の葉っぱ

otonohappa.web.fc2.com

効果音を中心に提供しているフリー素材サイト。良質な効果音素材が揃っており、BGMも生活系のが揃っておりRPGでも使う機会がある。ただ、有料素材が多く、有料素材の試聴には信号音が入るという、やや使いにくい仕様であった。

私が使用しているRPGの効果音素材の約半数を占めるくらい、お世話になったサイト。ただ、最近は全く更新がないのが気がかり。

 

TAM Music Factory

www.tam-music.com

BGM、効果音の両方を扱うサイト。素材数こそ少ないが、良質かつうごメモ向けな素材が多く揃っている。歴史こそあるが、最近は更新されておらずこのサイトのみでのRPG作成は厳しい。

私は初期から音の葉っぱと併用で使っていました。爆破の効果音などでお世話になりました。

 

音人

on-jin.com

こちらは効果音専門の素材サイト。こちらはうごメモ向きの効果音素材が揃っており、また素材数も多いためこのサイトだけでRPGを作ることが可能。全ての素材が無料で使用可能、その上試聴機能にも対応しており非常に使いやすい。

私は中期から晩年期にかけて使用していました。特に銃器素材でお世話になりました。

 

サイトの紹介は以上となります。他にもいろいろなサイトにお世話になりましたが、思い出せないのでこれだけになります。「効果音素材」と検索すると結構出てきます。

 

うごメモで流行した音楽 

うごメモでは多くのメモが流行ったと共に、多くの音楽も流行しました。私はRPGや棒人間バトルをメインに視聴していたので、それメインの音楽の紹介になります。

 

サザンクロス

www.youtube.com

2009年夏に投稿された棒人間バトル(通称黒ボス)のBGM。黒ボスは後のバトルメモブームの火付け役になったことでも有名だが、BGMも非常に有名になった。黒ボスで使用されている歌詞は2番であることに注意。

特に、小中学生の多いうごメモにおいては空耳が大流行した。ニコニコ動画にも出張されているが、レベルの低さからたびたび叩かれているのが現状。なお、ようつべのコメント上では、うごメモの思い出を語る場になっている模様。

 

うごうご☆メモって★HATEN@

www.youtube.com

うごメモ上で最多スター、最多閲覧回数を誇った伝説的合作メモ。2009年の春に完成し、瞬く間に人気沸騰、事実上のうごメモのテーマ曲となった。

2011年にはリメイク企画も実施された(ただしYoutube上には投稿されていない)。子作品による改造メモも流行した。

ちなみに、本作はある作者による合作企画の第2弾である。第1弾も好評だったが、こちらが有名になりすぎたために陰に隠れてしまった(おかげでタイトルも覚えていない)。

 

RPGのゲーム音楽

www.youtube.com

こちらはRPG界に限った話になるが、バトルBGMには有名ゲーム作品の音楽が多用されていた。特にSFCのスクウェアのゲームが多かった印象。

2012年以降、著作権に対する意識の向上からフリーBGMが主流になったが、最後まで廃れなかった。

 

以上となります。ボカロ曲や東方アレンジも流行っていましたが、いちいち挙げるとキリがないので割愛します。

 

これらのBGMを聴いて、うごメモが懐かしくなった人も多いでしょう。現在のうごメモは全く知りませんが、かつてうごメモにはこんな音楽が流行っていたということだけを伝えたいです。