読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【2016春アニメ】来期は「日常系」戦国クールか

冬アニメもいよいよ終盤戦。そして、来月より春アニメが始まる。気が早すぎ

新作および続編は52作品が放送される。※USATは別々カウント、全日帯を含める。出典:うずらインフォ

 

アニメ一覧で気になったのが、日常系およびそれに準ずる作品が非常に多いことである。今冬が1作品もなかったことへの反動だろうか。調べてみたものだけでも以下が日常系に該当すると思われる。

  • ばくおん!!
  • 三者三葉
  • あんハピ♪
  • くまみこ
  • ふらいんぐうぃっち
  • はいふり

解釈や定義により日常系に入らないものもあるが、個人的にはこの6作品を挙げる。内、オリジナルははいふりのみ、他はすべて原作あり。なお、ここで挙げたものすべて見るわけではないので注意。

 

個人的には三者三葉が一番の注目作である。日常系でおなじみ「まんがタイムきらら」と日常系に定評のある「動画工房」のタッグ、ということもあり期待が大きい*1。さらに原作者・荒井チェリーは「未確認で進行形(2014冬アニメ) 」で実績を残しており安心して見られそうである。

あんハピ♪も注目。こちらもきらら系列(フォワード)掲載で期待は大きい*2。他、はいふりも予告CMを見る限りではなかなか期待できそうである。ただ、海上保安がテーマになっているため、一部で「がっこうぐらし!」の再来と懸念の声もある。

いずれにせよ、来期の日常系はレベルの高い争いになることが予想される。もちろん三者三葉も油断はできない。果たして覇権を握るのはどのアニメだろうか・・・。

 

ちなみに再放送枠では「けいおん!」の放送が決定されている(1,2期の両方放送)。日常系の大先輩ということで見ないわけにはいかない。再放送の情報はまだNHKでしか発表されていないため、他局の再放送がどうなるかも気になるところ。

 

当然ながら、日常系以外でも注目作は多い。ジョジョ第4部「ダイヤモンドは砕けない」はもちろん、進撃の巨人を製作したWIT STUDIOのオリジナル作品「甲鉄城のカバネリ」、スタイリッシュなギャグ漫画「坂本ですが?」も目が離せない。

出しゃばるのは良くないが、来期は豊作になりそうである。

*1:放送時期未定だが、「NEW GAME!」も同タッグ

*2:「がっこうぐらし!」も同誌で連載中。