紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

【ゆるゆり】キャラソン感想・考察【ごらく部編】

f:id:ge4457f:20160229231156j:image

アニメ「ゆるゆり」のキャラクターソングを3期のものまで全部聞いたので、感想と考察を書いていきます。ゆるゆりは主要キャラが多いので、ごらく部生徒会で分けます(ミラクルんはごらく部としてカウント生徒会編に書きます)。

なお、キャラ単品(ミラクルんを含む)のみになりますのでご了承ください。但し、ドラマCD内で歌っている曲は省きます。なお、デュエット曲の記事は後日投稿します。順番は2期の振り番号と同じです。

 

赤座あかり \アッカリーン/

曲名

1期「私、主役の赤座あかりです 」「背景

2期「しあわせギフト」「赤座劇場

3期「ハイっ!アッカリーン」「お気楽ごくらくゆるゆるデイズ

コメント

1期は東方アレンジ曲でおなじみの「IOSIS」が担当。本編ともに「あかりイジリ」の全盛期。特に「背景」はもはやイジメレベルの歌詞で聞いていて辛かった。ドラマCDはちなつのキャラソンを歌っていたがなかなか酷く、本編以上のイジられぶりであった(実際、評判は最悪である)。

2期は本編こそあかりイジリに拍車を掛けていたが、キャラソンにはそういった要素は排除されていた。「赤座劇場」は昭和風の応援ソングで個人的にも気に入っている。あかり=天使をフルに発揮した2曲であった。

3期は本編同様、イジり要素は排除。ただ、「ハイっ!アッカリーン」であかりが主人公であるのを主張しまくって、途中ミュートされるシーンはあった。でも、それくらいのイジりは許されるので問題はないが。3期は製作会社が変わったのと3年の空白があったため、他のキャラソン同様曲風に違いが見られる(音楽制作はポニーキャニオンで変わっていない)。

 

吉川ちなつ 結衣センプァ~イ!

曲名

1期「まるごと!」「Lovely

2期「あのねっ!」「乙女日和☆

3期「ぴんぶら☆ピン -Pink★Black☆Pink-」「チーナのえかきうた

コメント

1期、2期ともに腹黒要素と結衣先輩の思いを伝えたい歌詞になっているが、キャラソン要素があまりなく印象に薄かった。

3期は本編以上に腹黒い曲となった。特に「チーナのえかきうた」はあの「ちなカレー空間」をフルに表現した1曲で、ちなつを象徴する曲ともいえた。正直、1期のキャラソンじゃね?と思ったほどである。良くも悪くも、ちなつを一番表現できていたのは3期のキャラソンともいえる。ゆゆ式ネタになるが、ゆずこのキャラソンと声をうまく使い分けれているのも評価したい。

 

歳納京子 ラムレーズン!

曲名

1期「ミラクるゆるくる1・2・3」「キラキラ☆everyday

2期「はしゃいでみたり悩んでみたり 恋する乙女はゆるゆり 」「ハレルヤいつも 」

3期「GO!GO!ミラクる 」「せいぎのキョッピー!!

コメント

いずれの曲も歌詞の「ラムレーズン」「ミラクルん」率が高く、キャラの個性を生かせている。また、エネルギッシュな曲調が多い。

1期の「キラキラ☆everyday」は、1期本編の10話の挿入歌として採用されている(その他、一部キャラソンも劇中に採用されている)。また、3期の「せいぎのキョッピー!!」は、3期本編の11話にこの歌詞に沿ったシーンが存在する。

 

船見結衣 おいコラ!

曲名

1期「ごゆるりワールド 」「クールナンバー

2期「Eかげん☆YUIかげん」「TON!TON!TON!

3期「ついておいでよ」「あいまいセルフ

コメント

結衣は約1曲を除きクールな曲調。キャラの個性を生かせている。ただそれっぽい曲ばかりか印象に残る曲が少なかった。

個人的に衝撃を受けたのが、3期の「ついておいでよ」。これまでとは異なる明るい曲調で結衣の隠れた一面を聴くことができた(3期11話のドジな面もそうだが)。個人的に今一番はまっている1曲。あまり他作品のキャラとは比較したくないが、ゆゆ式の唯のキャラソンが完全に結衣である、キャラ声優被っているから仕方ないね。

 

あかりのコメントだけ妙に長くなったり、それ以外のキャラのコメントが適当になってすみません。【生徒会編】、【デュエット編】は後日うpします。