紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

日本サッカーのレベル、急降下

本日3つ目の記事になります。

日本を代表するビッグクラブ、浦和レッズがまたしても「V逸」いたしました。非常に残念です。

そして優勝したのはJ1昇格1年目のガンバ大阪。「名門クラブ」であれど、決して金満チームではない。そしてホームタウンの人口は(お察しください

 

これに限った話ではありませんが、日本サッカーのレベルは本当に落ちたものになりましたね。W杯GL敗退、そして世代別代表の成績低迷。おまけにビッグクラブの不在。(浦和サポなら浦和がビッグクラブになるべきですが・・・)

本来なら人口・資金力・人気の3拍子が揃った浦和レッズが最強になるべきですが、そうならない。なぜ「実力」だけないのだろうか。やはりフロント、そして選手自身の問題ですね。これ以上書くと長くなるので省略。

 

今年の日本サッカーを一言で表すと、「日本サッカー厄年」ですね。2006年も伝説のQBKなどで暗黒を極めましたが、浦和2冠で何とか持ち直しています。しかし今年はもはや救いようがありません。

 

来シーズンはJ暗黒時代(=鹿島黄金時代)の象徴「2シーズン制」が復活。しかし「Jリーグ」自体が終わった訳ではないので、浦和レッズには引き続き頑張ってほしいです。(もちろん年間勝ち点1位&両ステージ制覇で完全V!)

そして2015年は日本代表にアジア杯という大きな大会もあるので、レベルアップに向け頑張ってほしいものです。

 

追記:ネ申ブログみつけたのでこちらもどうぞ。いかに今年のJリーグが異常だったかがよく分かります。↓


日本サッカーの不可解さ Jリーグ最終節 | しゅーぞーブログ | スポーツナビ+

 

※注意:これは素人の意見です。スルーして構いません。