読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

どうしてスローボールは批判されるんだろう?

スポーツ全般

連日、夏の高校野球が開催されています。おととい行われた東海大四-九州国際大付の試合で、東海大四の西嶋投手が超スローボールを投げ話題になっています。動画はこちら↓


東海大四・西嶋投手が投げた超スローボールのスロー映像 - YouTube

 

個人的には、相手の意表を突くプレーで凄いと感じましたが、ネット上の一部では批判も出ています。

その批判内容が書かれたニュース記事はこちら。(リンク切れの可能性あり)

 

高校生なので分からなくもないです。しかし、「高校野球で、あるまじきプレー」の意見には疑問を感じます。「高校野球」だから特別視するのはよくないと思うからです。

おまけにこの技術を身につけるのは簡単でなく、投手はその練習の成果を出したプレーなので、全く問題ないと思います。(プロではTDNこと多田野投手が有名、動画はこちら↓)

多田野数人の超スローボール魔球「スカイツリーボール」にゴメス苦笑 交流戦 日本ハム ...

 

この、ルール上問題ないプレーが問題視されたケースはスローボール以前にも、昨年夏、花巻東の千葉選手の「カット打法」がありました。(詳しくはこちら)

これは「卑怯」などの理由で批判され、ついには高野連が遠回しな発言で千葉選手はカット打法を封印せざるを得なかった、という経緯があります。

こちらもTVで見ていましたが、このプレーも日々の練習の結果身につけた技術のひとつで問題ないと考えています。プロでもこの技術を持つ選手は多くはないですからね、高校生でここまでいけるのは凄いと思っています。

なお千葉選手は大会後もカット打法を続けると宣言、その後日大に推薦合格しています。動画はこちら↓


【高校野球】 花巻東・千葉翔太のカット打法 【動画】 - YouTube