読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅色の金剛石

サッカー、アニメ、ゲームなどを語るブログ。

モンハンが飽きてきた件について

モンハン

モンハン4、発売から2か月以上が経ちました。俺は昨日、プレイ時間200時間を達成しました。

ここまでの進行状況は、村は「団長からの挑戦状」を残すのみ、集会所は、一部の高難度クエスト及びティガ希少種ミラボレアスのクエストが未達成といった感じです。

まだまだ未練があるように感じますが、俺はついに飽きモードに突入してしまいました。

理由は上記のクエストが難しい(というよりは俺が下手なだけ)のと、武器作りに飽きたこと、そして大地の結晶を集める作業が面倒くさくなったこと。

まだ完全には飽きていないので、今後も続ける予定です。

 

 

 

少し話がずれるが、一部アイテムの需要が極端に高いのもMH4の特徴。(というよりはモンハンの伝統だが)

大地の結晶は今作では「発掘」システムが導入されたため、需要の高い鉱石となった。それなのにも関わらず、採取以外の入手方法はフエールピッケルだけなのが心苦しい。

また獄炎石の需要も高い。必要になるたび採取ツアーでマラソンをする日々。一方のフルクライト鉱石もレア鉱石なのだが、需要が獄炎石よりも低く、現在19個も溜まっている現状。

今作新登場の「狂竜結晶」系アイテムも高需要。使う場面は錬金(通称:14代目)と発掘装備の研磨。特に「禍々しい狂竜結晶」は高需要。ランク5以上の武具を磨くのに必須となり、これらを入手するためにはシャガルマガラまたはゴアマガラ、狂竜症発症モンスター(=生態未確定)を狩る必要がある。しばらく使わずにいると10個以上溜まるが、すぐ無くなる。ただ、こればかりは仕方ないと思う。